ねばねば効果で身体を内から改善!豆腐の長芋グリル”納豆のせ”

15

2018.04.12

分類副菜

調理時間: 15分

ID 270851

ひなちゅん

ひなCafeStyleレシピ帖

豆腐&納豆の豆効果と、納豆&長いものねばねば効果で、腸内フローラを改善します!

更年期障害や便秘・風邪予防に花粉症予防と嬉しい効果が一杯の一品は
お酒のおつまみとしてもお勧めな副菜。

他の料理がたくさんあるときは2人分としての量でもよいかと思います。

ご飯にのっけてどんぶりにしても♪

    材料(1~2人分)
    豆腐 100g
    玉ねぎ 1/8個
    長芋 60g
    納豆 1パック
    梅肉 梅1個分
    小口ねぎ 適量
    A
    醤油 小さじ1
    A
    みりん 小さじ1
    作り方
    Point!
    納豆は、一般的な3個パックのものを使用しています。
    納豆についてくる”たれ”もそのまま使用します。基本の味付けは醤油+みりん。たれによっては、ポン酢の方があったり、レモン汁を加えてさっぱり感を出しても美味しいです。

    梅肉はチューブでも代用可。

    高齢の方で納豆が飲みこみにくいと感じる場合は、ひきわり納豆で代用できます。(ひきわり納豆の方が、腸内フローラにはより効果が出ます)
    1. 豆腐はキッチンペーパーにくるんで水切りをする。
      玉ねぎは粗みじん切りにして水にさらす。
      長芋は皮をむいてすりおろす。
      納豆はパックの状態でよく混ぜ合わせる。
      梅は種を取り出し、包丁の背などでたたき、納豆と混ぜ合わせる。
    2. 長芋に水を切った玉ねぎを加えA

      醤油 小さじ1、みりん 小さじ1

      を入れてよく混ぜ合わせる。
    3. 豆腐を耐熱皿に入れ、その上に「1」をのせ小口ねぎを全体に散らす。
    4. オーブントースター(200℃)で7~8分ほど加熱する。
    5. 取り出してから、納豆と梅肉を混ぜたものを上にのせる。
    6. <補足>
      納豆を加熱する方がお好きな方は、オーブントースターで5分くらい加熱した後に納豆+梅肉をのせ、さらに2~3分追加熱してもOK。

      ただし、納豆に含まれるナットウキナーゼは熱に弱い酵素のため、本来は加熱しないほうが栄養価としては高くなります。
    5 58
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「豆腐 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。