レシピサイトNadia

    【揚げずに生鮭のサクサクチーズフライ】手を汚さず楽に簡単!

    主菜

    【揚げずに生鮭のサクサクチーズフライ】手を汚さず楽に簡単!

    お気に入り

    806

    • 投稿日2021/04/29

    • 更新日2021/04/29

    • 調理時間20(焼き時間:12分程度)

    【生たまご不要で衣づけが楽!トースター任せで簡単!】 材料も工程も道具も少なく、手もあまり汚さずに出来る大助かりレシピです! もちろん、肝心の味がとっても美味しいんです。 噛んだ瞬間サクッと。中はふっくらしっとり。 鮭のうま味が味わえて、でも臭みはないのできっとお子様も好きなはず。 吞兵衛さんはビールをお忘れなく!

    材料2人分

    • 生銀鮭
      3切れ(180g)
    • A
      小さじ1/2
    • A
      味の素®︎
      6振り
    • 薄力粉
      大さじ1
    • マヨネーズ
      大さじ1
    • パン粉
      2/3カップ
    • ピザ用チーズ
      適量
    • ドライパセリ
      適量

    作り方

    ポイント

    ▼使用したトースター…BRUNO crassy+ スチーム&ベイク トースター ▼生鮭は強く激しく扱うと身崩れします。工程1~3は特に優しく扱ってください。 ▼マヨネーズを使用することで生たまご不要で衣を付けられます。マヨネーズの味は加熱するため残りません。 ▼今が旬(5~6月)の銀鮭を使用しましたが、〝生鮭〟ならどの種類でもお作りいただけます。 ▼チーズとパセリはなくても美味しいです。お好みでご使用ください。

    • 1

      ポリ袋にA 塩小さじ1/2、味の素®︎6振りを入れて軽く振り、大きめの一口サイズに切った生銀鮭を入れる。 空気を含んで口を手で閉じ、優しく振って馴染ませる。

      工程写真
    • 2

      1のポリ袋に薄力粉を加える。 1と同様優しく振って全体に薄力粉をまぶしたら、ポリ袋の上から手のひらで抑えて薄力粉を馴染ませる。

      工程写真
    • 3

      マヨネーズを加え、優しく揉んで満遍なく行き渡らせる。

      工程写真
    • 4

      バットにパン粉の半量を広げ入れ、3の生銀鮭を重ならないように置く。 その上から残りのパン粉を振りかけて表面にもパン粉をつけ、上から軽く抑えて馴染ませる。

      工程写真
    • 5

      トースター用のトレイにアルミ箔を敷いて4を並べ置き、一切れずつにピザ用チーズをのせてトースターで焼く。 焼けたら仕上げにドライパセリを散らす。 ※焼き温度/時間の目安…230度で12分 ※生鮭の厚さやトースターにより加減が変わります。様子をみて調整してください。

      工程写真
    レシピID

    411794

    「鮭」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    おねこ
    Artist

    おねこ

    呑兵衛料理家。 豊富な食材に魅了され、北海道永住を決めた生粋の食道楽。 北海道在住20年。 春は山菜採り、夏はキャンプ、秋はきのこ狩り、冬はスキー。北海道各地の旬の食材と美食を追いかけ、弾丸長距離移動もするアクティブ派。 「夜が楽しければきっと明日はもっと楽しい!」をモットーに、夜を盛り上げるおつまみレシピとごはんがすすむおかずをメインにレシピ開発。 ●冷蔵庫整理に目覚め、食品廃棄ゼロ2年10ヶ月達成!! ●コラム連載:「おねこさんと一緒にフードロス対策」 ●著書:ごはんもお酒もすすむ!絶品おねこ食堂(宝島社)

    「料理家」という働き方 Artist History