レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

カレーな私とシチューな彼の『マイルドチキンカレーシチュー』

主菜

カレーな私とシチューな彼の『マイルドチキンカレーシチュー』
  • 投稿日2021/01/22

  • 調理時間30

カレーが食べたい私、シチューが食べたい彼。そんな時の『マイルドチキンカレーシチュー』 「シチューっぽいカレー」又は「カレー味のシチュー」。 バターチキンカレーにシチューのマイルドさを足した感じです。 ルウ不要で、身近な調味料のみで作れます! カレーVSシチューの平和的解決策がここに(^^)/☆

材料2~3人分

  • じゃがいも
    2個
  • 人参
    1/2本
  • ほうれん草
    2株
  • 玉ねぎ
    1/2個
  • 鶏もも肉
    1枚
  • バター
    30g
  • 小麦粉
    大さじ3
  • A
    ケチャップ
    大さじ2
  • A
    ウスターソース
    大さじ1
  • A
    カレー粉
    大さじ1弱
  • A
    コンソメ顆粒・砂糖
    各小さじ1
  • A
    にんにく・生姜チューブ
    各2~3㎝
  • 100ml
  • 牛乳
    300ml
  • 塩胡椒
    適量

作り方

ポイント

◆レシピに記載の順番で進めてもらえれば効率よく作れるようになっています。(特に工程1~2) ◆調理の初めに作り、少し寝かせてあげるとより味が馴染ます。

  • 1

    じゃがいもと人参の皮を剥き、小さめの一口大に切り、小鍋に加える。 水から茹で、沸騰したら中火で8~10分ほど(竹串がスッと入るほどまで)煮る。

    工程写真
  • 2

    茹でている間に… ほうれん草はよく洗い3㎝幅に切り、水に5分程度浸しておく。 玉ねぎはスライスする。 鶏もも肉は余分な皮や脂肪を取り除き、小さめの一口大に切る。 A ケチャップ大さじ2、ウスターソース大さじ1、カレー粉大さじ1弱、コンソメ顆粒・砂糖各小さじ1、にんにく・生姜チューブ各2~3㎝を混ぜ合わせておく。

    工程写真
  • 3

    ほうれん草の水を切り、水気をしっかりと搾っておく。 茹で上がったじゃがいもと人参はざるにあげ水気を切っておく。

  • 4

    フライパンにバターを溶かし、中火で玉ねぎを加えあまり触らずに焼き色を付けながら炒めていく。

    工程写真
  • 5

    玉ねぎがしんなりとすれば鶏もも肉を加え火が通るまで炒める。

    工程写真
  • 6

    弱火にし、小麦粉を加え粉っぽさがなくなるまで具材とよく馴染ませる。

    工程写真
  • 7

    さらに合わせた調味料を加え、具材によく馴染ませる。 これでチキンルウの完成!

    工程写真
  • 8

    火力を少し上げ(強めの弱火)水を100ml加える。 木べらなどで混ぜながら、よく馴染ませルウを溶かす。

    工程写真
  • 9

    もったりとしたルウになれば、牛乳を3~4回に分け少量ずつ加え、都度よく混ぜて馴染ませる。

    工程写真
  • 10

    ほうれん草と別茹でしたじゃがいも、人参を加えて馴染ませる。 具材が馴染めば塩胡椒を軽く振って味を調え、時々混ぜながら弱火で5分煮込む。

    工程写真
  • 11

    ごはんにもパンにもどちらにもよく合います!

    工程写真
レシピID

405453

「にんにく」の基礎

「玉ねぎ」の基礎

「にんじん」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

シチュー」「カレー」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

RINATY(りなてぃ)
Artist

RINATY(りなてぃ)

【自己紹介】 1995年生まれ/生まれも育ちも福岡 同い年の彼と同棲中。 美味しいもの食べるのも見つけるのも好き! 【著書】 「りなてぃの一週間3500円献立」 第8回レシピ本大賞準大賞受賞 新刊「りなてぃの一週間3500円献立2」 シリーズ累計55万部突破 (2021.09.21現在) 【調味料のこと】 醤油はニビシ特級うまくち(九州醤油) 味噌はフンドーキン無添加合わせ味噌 砂糖は三温糖 使ってます♡ 【レシピ発信の想い】 料理でたくさんの幸せをお届けしたいなと思っております。毎日忙しい中家族の為にお料理を作ってらっしゃる方や大切な人の為においしいお料理を作ってあげたい方。そんな方々に、身近にある食材・どのご家庭にもある調味料で簡単に作れるレシピをお届けします。私のレシピはお洒落な味付けというよりは家庭的で親しみのある味付けのものが多い、簡単・時短・節約レシピです。作る方も食べる方も料理を通してどこか心温まる小さな幸せを感じていただけたら嬉しいです。おいしくできた幸せ、おいしいと喜んでもらえる幸せ、笑顔あふれる食卓の幸せ、お子様と一緒に調理を楽しむ幸せ、そんな心温まる小さな幸せたちを。

「料理家」という働き方 Artist History