レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

赤パプリカのフムス(ひよこ豆のディップ)

副菜

赤パプリカのフムス(ひよこ豆のディップ)
  • 投稿日2015/04/29

  • 調理時間15(パプリカの焼き時間がさまざまなので、調理時間はあくまで目安です。)

ローストしたジューシィな甘いパプリカと、コクのあるひよこ豆で作るフムス(ひよこ豆のディップ)。こっくりしたなめらかな舌ざわりに、食欲をそそるスパイスの香り。一度食べたらやみつきになる、後ひくおいしさです。

材料ひよこ豆(水煮)200g分

  • 赤パプリカ
    1個
  • オリーブオイル
    適量
  • カイエンペッパー
    少々
  • パセリ、コリアンダーなど
    適宜(彩り用)
  • A
    ひよこ豆 (水煮)
    200g
  • A
    EXVオリーブオイル
    大さじ2
  • A
    タヒニ または 白ごまペースト
    大さじ1
  • A
    にんにく(すりおろし)
    1片分
  • A
    少々
  • A
    クミンパウダー
    少々
  • A
    レモン汁
    少々

作り方

ポイント

◆パプリカの色がムラなく出るよう、フードプロセッサーは少し長めにまわします。 ◆辛いのが苦手な場合は、カイエンペッパーをパプリカパウダーで代用してください。

  • こちらが「タヒニ」と呼ばれる、生のごまから作られたペースト。 日本でも輸入食料品店や通販などで買えますが、手に入りにくい場合は 白ごまペーストでも代用します。

    工程写真
  • 1

    赤パプリカはヘタを取り、表面にオリーブオイルをまぶして フライパンまたはグリル、オーブンなどで全面が黒くなるまで焼く。 (※フライパンの場合ははねるので、フタを使ってください。 いずれも、時々ひっくり返しながら、実がやわらかくなって押すとつぶれる くらいまで焼けばOK。)

    工程写真
  • 2

    1) が冷めたら皮をむき、種やヘタも取り除く。 それを汁ごと、A ひよこ豆 (水煮)200g、EXVオリーブオイル大さじ2、タヒニ または 白ごまペースト大さじ1、にんにく(すりおろし)1片分、塩少々、クミンパウダー少々、レモン汁少々と一緒にフードプロセッサーにかける。

  • 3

    仕上げに彩りをかねてカイエンペッパーを振り、パセリを飾る。 混ぜながら一緒にいただきます。

レシピID

127244

「にんにく」の基礎

「パプリカ」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

ディップ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

庭乃桃
Artist

庭乃桃

料理・食文化研究家 / 女子栄養大学 食生活指導士。 大学院でヨーロッパの歴史・文化を専攻し、現地へ留学。結婚をはさんで数年を過ごすなか、生活のベースとしての「食」の大切さを改めて感じて食の道へ。その土地ごとの暮らし・風土からうまれる料理や食のありかたを学ぶ。 現在は、料理家として企業向けレシピの開発やスタイリング・撮影を手がけるほか、食に関する書籍・コラムの執筆や翻訳、講演など多方面で活動中。 2020年、欧州連合(EU)の食品・飲料プロモーション「パーフェクトマッチ・キャンペーン」で、EU食材×日本食材のマッチングによる季節のオリジナルレシピを開発・監修。広尾のヨーロッパハウス(駐日欧州連合代表部)、国内最大の”食”の見本市・ファベックス関西ほか会場で、同キャンペーンの基調講演をおこなった。

「料理家」という働き方 Artist History