レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

【簡単メイン】鶏もも肉の西京焼き【下味冷凍OK】

主菜

【簡単メイン】鶏もも肉の西京焼き【下味冷凍OK】
  • 投稿日2020/05/09

  • 調理時間15(漬け込み時間、解凍時間を除く)

漬け込んで焼くだけの簡単メインおかず。味噌のおかげで鶏肉の臭みもなく、ジューシーにやわらかく仕上がります。冷凍もできるので、ストックしておけば食べたい時に焼くだけ!

材料4人分

  • 鶏もも肉
    2枚(1枚あたり300g前後のもの)
  • ピーマン
    6個
  • A
    白味噌
    大さじ2
  • A
    酒、みりん
    各大さじ1

作り方

ポイント

◆フライパンは、直径28cmのものだと鶏肉2枚をまとめて焼くことができます。  かなり脂が出るので、フライパン用ホイルシートを使うと後片付けが楽ですよ。 ◆味噌が焦げやすいので、きっちりぬぐってから焼きましょう。 ◆鶏肉は「(完全に火が通るまで)あとひと息かな」というところまで焼き、あとは余熱でしっとり中まで火を入れます。

  • 1

    水分を拭き取り、余分な脂を取り除いた鶏もも肉を食品保存用袋に入れる。よく混ぜたA 白味噌大さじ2、酒、みりん各大さじ1を全体になじませ(袋の上からもむといいです)、冷蔵庫で2晩寝かせる。 ※冷凍する場合は、その後冷凍庫へ。

  • 2

    鶏肉の味噌をていねいにぬぐって、フライパンに皮目から広げ入れる(フライパン用ホイルシートを使うと後片付けが楽です)。 半分に切って種を取ったピーマンを、皮が下になるようにしてあいだに並べ入れ、中火にかける。

    工程写真
  • 3

    中弱火で鶏肉の皮にこんがり焼き色がつくまで焼いてひっくり返す。火を弱めて(弱めの中火くらい)蓋をかぶせ、6〜8分蒸し焼きにする。

    工程写真
  • 4

    火を止めて、5分ほど蒸らして中まで完全に火を通す。 鶏肉を食べやすく切り、ピーマンとともに皿に盛りつける。

    工程写真
レシピID

391327

「鶏もも肉」の基礎

「ピーマン」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

鶏肉のおかず」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

庭乃桃
Artist

庭乃桃

料理・食文化研究家 / 女子栄養大学 食生活指導士。 大学院でヨーロッパの歴史・文化を専攻し、現地へ留学。結婚をはさんで数年を過ごすなか、生活のベースとしての「食」の大切さを改めて感じて食の道へ。その土地ごとの暮らし・風土からうまれる料理や食のありかたを学ぶ。 現在は、料理家として企業向けレシピの開発やスタイリング・撮影を手がけるほか、食に関する書籍・コラムの執筆や翻訳、講演など多方面で活動中。 2020年、欧州連合(EU)の食品・飲料プロモーション「パーフェクトマッチ・キャンペーン」で、EU食材×日本食材のマッチングによる季節のオリジナルレシピを開発・監修。広尾のヨーロッパハウス(駐日欧州連合代表部)、国内最大の”食”の見本市・ファベックス関西ほか会場で、同キャンペーンの基調講演をおこなった。

「料理家」という働き方 Artist History