チキンカチャトーレ ~パルミジャーノ・レッジャーノ仕上げ~

15

2016.06.18

分類主菜

調理時間: 15分(加熱時間を除く。)

ID 140513

豊田 亜紀子

アッコさん家の彩りレシピ アメリカLAスタイル

イタリアのマンマの味と言われる『チキンカチャトーレ』にたっぷりとパルミジャーノ・レッジャーノをかけていただきます。オレガノの香りも魅力的。サイドにペンネを添えるとイタリアン気分も最高潮に!日本でも気軽に味わえるイタリア料理のひとつです。

    材料4人分
    パルミジャーノ・レッジャーノ 適量(擦りおろし)
    鶏もも肉(2枚) 650g
    赤パプリカ 1個
    玉ねぎ 1個
    にんにく 大1かけ
    ケイパー 小さじ2
    乾燥ペンネ 100g
    サニーレタス 適量
    トマト缶 1缶(400g)
    100ml
    白ワイン 大さじ2
    コンソメ 1個
    薄力粉 適量
    塩(鶏肉下味用) 少々
    塩(トマトソース用) 小さじ1/4
    黒こしょう 少々
    オレガノ(乾燥) 小さじ1/4
    エクストラバージンオイル 大さじ2
    追加用エクストラバージンオイル 大さじ1/2
    作り方
    Point!
    材料の『鶏もも肉』は、鶏むね肉の皮つきに変更してもOK!
    そして、このレシピでは、本場のイタリアンの味を再現すべく、加糖しておりません。でも、日本人って、加糖していないトマト料理を食べると違和感を感じる人も多いんですよね。
    そんな時は、煮込む時に大さじ1/2弱程度の砂糖を加えて下さいね。そうすると日本人好みのトマト料理の味になりますから・・・
    1. ①玉ねぎとにんにくはみじん切りにします。
      ②ペンネは、外袋の記載に従って茹でておきます。
      ③赤パプリカは、ひと口大にカットしておきます。
      ④サニーレタスは、水洗いしてキッチンペーパーで水気を切っておきます。
    2. 2枚ある鶏肉をそれぞれ半分にカットして固い部分や汚れた部分を包丁で取り除いてから塩、黒こしょうして15分程度置きます。下味を付いたら薄力粉をまぶします。
    3. フライパンを中火で熱し、エクストラバージンオイルを敷いて、1の鶏肉を皮目から焼いていきます。焼き目がついたらひっくり返します。火が通ったら、いったん別皿によけます。
    4. 2のフライパンを再度中火で熱して追加のエクストラバージンオイルを加え、玉ねぎ、にんにくを炒めます。
    5. 次に赤パプリカを炒めて火が通ったらトマト缶の中身を全て加えます。さらに水、白ワイン、塩、オレガノ、ケイパーを加えて煮立たせます。
    6. 最後に2の鶏肉を4に戻し入れます。20分ほど中火で煮込んだら火を止めます。
    7. お皿に鶏肉とトマトソースを盛り付けてサニーレタス、ペンネを乗せて、仕上げにパルミジャーノ・レッジャーノをたっぷりふりかけていただきます。
    5 47
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「鶏肉料理 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。