レシピサイトNadia
    主菜

    ガツンとガーリック!丸ごとにんにくザクザクジューシーから揚げ

    • 投稿日2020/06/13

    • 更新日2020/06/13

    • 調理時間15(鶏肉の漬け込み時間を除く。)

    お気に入り

    405

    ★新にんにくを丸ごと揚げて、下味にもにんにく入れて、ダブル使いです。★【パサつかないむね肉の切り方】 繊維を断ち切る切り方をすれば、パサつきがちな鶏むね肉もジューシーに 🆔 388342 https://oceans-nadia.com/user/44604/recipe/388342 ★【鶏のから揚げ】定番料理をいかに美味しく作るか!!マヨネーズ効果でしっとり柔らかく仕上がります。もみ込むことで驚くほど柔らかくなりますよ。 ★最初に小麦粉をまぶして、外側に片栗粉をまぶしています。 鶏肉は小麦粉で包まれジューシーのまま、外側の片栗粉がカリッとした衣に仕上がります。

    材料4人分

    • 鶏むね肉
      2枚(600g)
    • A
      しょうゆ
      大さじ1
    • A
      マヨネーズ
      大さじ1
    • A
      おろししょうが
      1かけ分(チューブ可・4cm)
    • A
      おろしにんにく
      1かけ分(チューブ可・2cm)
    • 小麦粉
      大さじ2
    • 片栗粉
      大さじ5
    • 揚げ油
      適量
    • にんにく
      2玉(薄皮付き)

    作り方

    ポイント

    ★油はフライパンに2cmくらい、ちょうど鶏肉が厚さの半分浸かる程度入れて揚げ焼きしてください。 ★鶏肉の黄色い脂肪は臭みの原因にもなるので、キッチンバサミなどで切りとっておきましょう。

    • *鶏むね肉は余分な黄色い脂肪を取り除き、フォークで皮目から何回か刺して、肉質を柔らかくして、一口大に切る。 切り方参照 https://oceans-nadia.com/user/44604/recipe/388342 *にんにくは破裂しないように竹串を一片ずつ刺しておく。

      工程写真
    • 1

      ポリ袋に鶏肉、A しょうゆ大さじ1、マヨネーズ大さじ1、おろししょうが1かけ分、おろしにんにく1かけ分を入れて袋の上からもみ込む。

      工程写真
    • 2

      ポリ袋に小麦粉を入れて、均一にまぶし、袋から出して片栗粉をまわりにまぶす。

      工程写真
    • 3

      フライパンに揚げ油を2cmくらい入れて、中温(170度)に熱し、カラリと揚げる。 にんにくは薄皮ごと揚げる。〈破裂防止で竹串を刺しておく。〉 ☆油の量は鶏肉の厚さの半分が浸かるくらいが目安です。

      工程写真
    • 4

      から揚げを器に盛り、あればスダチやレモンなどを添える。

      工程写真
    • 5

      【フライドガーリック】 新にんにくを皮ごと丸ごと揚げます。 破裂すると危険なので、竹串などで1片ずつ刺しておいてくださいね。 ホクホクのにんにくはそのまま食べても、から揚げに付けても美味しいです!

      工程写真
    レシピID

    393446

    質問

    関連キーワード

    「作り置き」の基礎

    「鶏もも肉」の基礎

    「鶏むね肉」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    あーぴん(道添明子)
    • Artist

    あーぴん(道添明子)

    料理研究家・栄養士

    • 栄養士

    料理研究家・栄養士あーぴんです。 手抜きに見えない時短・カンタン 美味しい・ちょっとお洒落なごはん♪ みんなが笑顔になれる幸せごはん♪ 🥇2019年Nadia新人賞 🥇Nadia MVP 🥇デルタインターナショナルくるみレシピコンテストグランプリ 🥇十五夜に食べたい!まん丸レシピコンテストグランプリ 🥇ブルグルレシピコンテストグランプリ Nadia以外でもコンテスト多数優勝🥇 企業レシピ多数開発。 大手食品会社にて新製品の企画開発。ロングラン商品を多数開発。企業側に勤務・新製品開発の経験からのレシピ開発、販促パンフなどの制作は得意です。 テレビ局にて料理レシピの開発、系列新聞に掲載。 シルバー大学、地域の料理教室講師。 企業の健康栄養セミナー、企業の健康料理教室。 【健康な体は毎日の食生活から】をモットーに初心者でも作りやすい調理法を工夫して素材を生かしたメニューを開発しています。

    「料理家」という働き方 Artist History