レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

【肉汁じゅわ〜】シャキッとキャベツと豚こま肉の甘辛味噌炒め

主菜

【肉汁じゅわ〜】シャキッとキャベツと豚こま肉の甘辛味噌炒め
  • 投稿日2022/06/03

  • 調理時間10(豚肉の漬け込み時間は除く。)

★【お口に入れた瞬間じゅわ〜と肉汁】 豚肉はこま切れ肉を片栗粉で丸めてボールにしています。こうすると柔らかくて噛んだ時にじゅわ〜と肉汁がジューシーです。 ★【ご飯が進みます!】 豚肉とキャベツをオイスターソースベースでこってり旨味たっぷりに仕上げました。 丼にして豚丼にしても○ ★冷めても美味しいので、お弁当のおかず、作り置きにも🎵 冷蔵庫で2〜3 日保存可能です。 ★【下味冷凍】 お肉に下味の段階で冷凍も可能です。 (冷凍庫で3週間)

材料4人分

  • 豚こま肉
    200g(豚ロースでも豚ばら肉でも◎)
  • A
    しょうゆ
    小さじ2
  • A
    小さじ2
  • A
    おろししょうが
    小さじ2(チューブ5cm)
  • A
    おろしにんにく
    小さじ1(チューブ2cm)
  • キャベツ
    4〜5枚(300g)
  • 片栗粉
    大さじ3
  • ごま油
    大さじ2
  • B
    味噌
    大さじ1
  • B
    オイスターソース
    大さじ1
  • B
    みりん
    大さじ1
  • B
    大さじ1
  • B
    砂糖
    小さじ2
  • B
    しょうゆ
    小さじ1
  • B
    豆板醤
    小さじ1/2
  • 青ねぎ
    適量
  • 白いりごま
    適量

作り方

ポイント

★豚こま肉以外に、豚薄切り肉でも、鶏もも肉でも美味しくできます。 ★キャベツほ春キャベツを使いましたが、普通のキャベツでも美味しいです。 春キャベツの場合にはシャキッと感が残るくらいに炒めるのが、ポイントです。 ★【片栗粉ポイント】 片栗粉を肉に均一にまぶしてくださいね。片栗粉効果でカリカリになります。調味料もお肉によく絡むので少ない調味料で済みますよ♬

  • *キャベツは芯は細かく刻み、葉の部分はザク切りにする。 *青ねぎは小口切りする。 *B 味噌大さじ1、オイスターソース大さじ1、みりん大さじ1、酒大さじ1、砂糖小さじ2、しょうゆ小さじ1、豆板醤小さじ1/2を合わせる。

    工程写真
  • 1

    豚こま肉はA しょうゆ小さじ2、酒小さじ2、おろししょうが小さじ2、おろしにんにく小さじ1で下味を付ける。 (10分) →このまま下味冷凍出来ます。 3週間保存可能

    工程写真
  • 2

    豚肉の水気を拭いて、表面に片栗粉をまぶす。

    工程写真
  • 3

    フライパンにごま油を中温に熱し、豚肉を入れて両面焼く。

    工程写真
  • 4

    同じフライパンに油が足りなければ足して、キャベツの芯を入れさっと炒め、葉を入れて軽く炒めB 味噌大さじ1、オイスターソース大さじ1、みりん大さじ1、酒大さじ1、砂糖小さじ2、しょうゆ小さじ1、豆板醤小さじ1/2で調味する。

    工程写真
  • 5

    豚肉に火が通ったら、全体に調味料を絡ませて、水分を飛ばす。

    工程写真
  • 6

    器に盛り、青ねぎ、白いりごまを添える。 ★コクを出したい場合にはごま油(小さじ1分量外)をお好みで。

    工程写真
レシピID

438455

「豚肉」の基礎

「キャベツ」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

味噌炒め」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

あーぴん(道添明子)
Artist

あーぴん(道添明子)

料理研究家・栄養士あーぴんです。 手抜きに見えない時短・カンタン 美味しい・ちょっとお洒落なごはん♪ みんなが笑顔になれる幸せごはん♪ 🥇2019年Nadia新人賞 🥇Nadia MVP 🥇デルタインターナショナルくるみレシピコンテストグランプリ 🥇十五夜に食べたい!まん丸レシピコンテストグランプリ 🥇ブルグルレシピコンテストグランプリ Nadia以外でもコンテスト多数優勝🥇 企業レシピ多数開発。 大手食品会社にて新製品の企画開発。ロングラン商品を多数開発。企業側に勤務・新製品開発の経験からのレシピ開発、販促パンフなどの制作は得意です。 テレビ局にて料理レシピの開発、系列新聞に掲載。 シルバー大学、地域の料理教室講師。 企業の健康栄養セミナー、企業の健康料理教室。 【健康な体は毎日の食生活から】をモットーに初心者でも作りやすい調理法を工夫して素材を生かしたメニューを開発しています。

「料理家」という働き方 Artist History