レシピサイトNadia
    主菜

    旨辛【豚肉と大根の韓国風煮込み】

    • 投稿日2024/02/04

    • 更新日2024/02/04

    • 調理時間90

    • カロリー(1人分)-

    • 総費用目安1000

    • 冷蔵保存2~3

    • 冷凍保存-

    !表示はすべて目安です。詳しくはこちら

    寒い時期に美味しくなる根野菜代表「大根」を使った体も心も温まる一品。 豚肉はフライパンで焼き目をしっかりつけることで臭みをぬき、旨味を閉じ込めます。 大根はごま油で炒め豚肉を加えて酒、水、調味料で煮込みます。豚肉の旨味が染み込んだ大根、ほろほろに仕上がった豚肉は絶品。 白ごはんにもお酒にもよく合います!

    材料4人分

    • 豚バラ肉
      400g
    • 大根
      600g
    • ごま油
      大さじ1
    • 100ml
    • 醤油
      大さじ2
    • みりん
      大さじ2
    • 800ml
    • 砂糖
      大さじ1
    • コチュジャン
      大さじ2
    • 甜麺醤
      大さじ1
    • いりごま
      少々

    作り方

    ポイント

    工程2)豚バラ肉を選ぶときのポイントは、脂身と赤身のバランスがよく、色味が鮮やかなものを選ぶこと! 工程3)脂身をしっかり焼くことで臭みがぬけます。 工程7)酒の代わりに焼酎でもつくれます。 工程7)水の量は、具材がひたひたになる量を目安にしてください。 工程9)辛いのが好みでしたら、少量の豆板醤を加えてもおいしくつくれます。 工程9)煮詰めすぎた場合は水を加えて調整します。

    • 1

      大根を2cm幅の輪切りにし、皮をむき4等分にする(余裕があれば面取りする)。

      工程写真
    • 2

      豚バラ肉は5cm幅の大きさに切り分ける。

      工程写真
    • 3

      フライパンに油をひかず、豚バラ肉の脂身を下にして中火にかける。焼く面を変えながら全面にしっかりと焼き目をつける(油が出てきたらペーパーでふきとる)。

      工程写真
    • 4

      全面に焼き目がついたらペーパーの上に取り出す。

      工程写真
    • 5

      鍋にごま油を入れ弱火にかける。大根を加え、油を馴染ませながら炒める。

      工程写真
    • 6

      油が馴染み、大根に焼き目がついてきたら豚肉を加え中火~強火にかける。

      工程写真
    • 7

      酒を加えひと煮立ちしたら、醤油、みりんを加える。ヘラでかるく混ぜ、水を加える。

      工程写真
    • 8

      砂糖を加え、ひと煮立ちさせ弱火にし、落し蓋をして約60分煮込む(途中20分おきに混ぜ、味を馴染ませる)。

      工程写真
    • 9

      60分後、コチュジャン、甜麺醤を加え溶かし、落し蓋をしてさらに約15分煮込む。

      工程写真
    • 10

      器に盛り、仕上げにいりごまをふる。

      工程写真
    レシピID

    476103

    質問

    作ってみた!

    「豚バラ大根」の基本レシピ・作り方

    こんな「豚バラ大根」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「豚肉」の基礎

    「大根」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    DOI_料理人
    • Artist

    DOI_料理人

    • 調理師
    • 食品衛生責任者
    • ワインソムリエ

    飲食に関わり20年。 料理と向き合いたくさんの人と話しをさせていただき、料理は「人と人」をつなぎ人生を豊かにしてくれると感じています。 「ちょっと、ひと手間、お店の味。」をモットーに食卓を盛り上げる、賑やかにできる、そんなレシピをお届けできたら嬉しいです! ジャンルを問わず、一人でも多くの方に料理を楽しんでもらえるよう「丁寧に、分かりやすく、そして美味しく」を心がけながらコツコツやっていきます。 自分の経験、知識がすこしでも役に立てば幸いです。       【経歴】 ◆40代/大阪生まれ ◆オーナーシェフ兼JSA認定ソムリエ ◆創作料理店で4年間修業 ◆大手外食店で8年間マネジメント経験 ◆2014年レストラン【必然】開業 おかげさまで10周年 ◆2020年JSA認定ソムリエ取得

    「料理家」という働き方 Artist History