レシピサイトNadia
    主食

    塩麹雪泡あんの小松菜しらすチャーハン

    • 投稿日2016/04/07

    • 更新日2016/04/07

    • 調理時間20

    お気に入り

    10

    醤油だけで香ばしく炒めた玄米チャーハンを塩麹で味付けした真っ白な餡で包み込みます。 かために炊いた玄米で作るので、噛む事が最も大切な育ち盛りのお子様や健康維持に気をつけている方におすすめしたいチャーハンです。

    材料3人分

    • 玄米
      1カップ(白米でもOK)
    • 1.5カップ
    • A
      350cc
    • A
      塩麹
      大さじ2
    • A
      片栗粉
      大さじ2
    • A
      チキンスープ顆粒
      小さじ1/2
    • A
      白コショウ
      少々
    • 玉ねぎ
      1個(約200g)
    • 人参
      1/2本(約100g)
    • しらす
      30g
    • 小松菜
      200g
    • ニラ
      80g
    • 2~3個
    • 醤油
      大さじ2

    作り方

    ポイント

    玄米でなくても5〜7分搗き米や白米でも美味しく出来ます。 ジャスミン米などもおすすめです。 ご飯を入れたら手早く野菜や醤油を入れて一気に強火でパラリと炒めるのがコツです。

    • ・玉ねぎ、人参はみじん切りにする。 ・小松菜は粗みじん切りにする。 ・ニラは5ミリ幅に切る。 ・卵は卵白と卵黄に分けておく。

    • 1

      玄米を分量の水(1.5カップ)で炊飯器で普通に炊く。 かたいのがお嫌な方は一晩(8時間ぐらい)水につけて炊いてください。 白米の場合は米の1.1カップくらいの水で炊く。

    • 2

      A 水350cc、塩麹大さじ2、片栗粉大さじ2、チキンスープ顆粒小さじ1/2、白コショウ少々を鍋に入れてよく混ぜてから中火にかけ、絶えず混ぜながらとろみが付くまで加熱する。

    • 3

      卵白をまわし入れて、4本の菜箸でゆっくりかき混ぜ、弱火で温めておく。

    • 4

      中火で温めた大きめのフライパンに、サラダ油とごま油(分量外・各大さじ1.5)を入れ、卵黄を入れて7割程度火を通し、一旦ボウルなどに取り出しておく。

    • 5

      フライパンに残った油で玉ねぎをしんなりるするまで中火で炒めたら、人参を加えて全体に油がまわるまで炒める。

    • 6

      炊いた玄米を入れたら、すぐにしらす、小松菜、ニラを加え、ざっと炒め、取り出しておいた4の卵黄を戻し入れる。

    • 7

      醤油を入れて強火で炒め合わせたらチャーハンの完成。

    • 8

      ご飯茶碗にチャーハンを詰めてお皿に返して盛り付け、3の餡をかける。

    レシピID

    137480

    質問

    作ってみた!

    「チャーハン・焼き飯」の基本レシピ・作り方

    関連キーワード

    「玉ねぎ」の基礎

    「にんじん」の基礎

    「小松菜」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    吉村ルネ(Rune)
    • Artist

    吉村ルネ(Rune)

    • フードコーディネーター

    エイジングケア料理研究家 ナチュラルフードコーディネーターの資格を持つ。 成人した子供二人が独立し夫と二人暮らし。 企業との2つの仕事を両立させて働く料理家。 病気に負けない体作りの基本、抗酸化作用を強くするレシピを考えて30年。 エイジングケア料理と簡単に作れるレシピを投稿しています。 2016年FOODISE(旧タベラッテ)からこちらに移籍。この年のレシピを確認してますが理解不明な箇所が見つかりましたらご一報下さると嬉しいです。 ◆健康維持レシピ (タレやソースは手作り派です) ◆企業に向けたレシピ開発/料理撮影 ◆アンチエイジングケアには欠かせない抗酸化作用の強い野菜や果物を使ったレシピ開発 ◆低糖質ダイエットレシピ開発 ◆ナチュラルフードコーディネーター ◆グラフィックデザイナー ------------------- 自己紹介 ------------------- NY在住の日本人デザイナーと結婚し渡米。 多人種が多いNYで、世界の様々な食文化に触れ、食への刺激を受ける。 夫が生活と活動の場をスペインに移し10年間過ごす。自然豊かな地中海ダイエットに触れる。 世界の各地への旅を通して様々な食文化に触れさらに食への造詣を深める。 2007年スペインからシアトルへ、その後カリフォルニアへ移住しblogを始める。 料理コンテストで数々のグランプリ100以上を受賞し、企業のレシピ開発、アンバサダーとしても活躍。 長年の海外生活を終え2014年に帰国し、企業のPR活動に従事。 世界の様々な食文化に触れながら、家族の健康と病気にならない方法を書物などを通して学ぶ。 自らの食の経験から、調理の工夫次第で人の体はいつまでも若くいられ健康になれると確信。 ユーザーに支持されている企業の時短ローカーボ100レシピを共同で開発し、撮影にも携わる。 自らも仕事をしながら短時間で作れる健康レシピをSNSに投稿しユーザーに好評を得ている。

    「料理家」という働き方 Artist History