野菜嫌い克服!ピーマンの明石焼き風

40

2020.11.24

分類主菜

調理時間: 40分(昆布を水につける時間、生地を寝かせる時間は除く)

ID 400068

笠原知子

おうちでかんぱい!おつまみレシピ

だしの力でピーマン嫌いを克服!野菜の苦みや辛みを抑える力のあるだしをたっぷり使ったピーマンの明石焼きです。
ふわふわの卵生地には、ピーマンのピューレ入り、中の具材には、ピーマンとちくわを入れました。
卵焼きが焼けたら、あつあつのだし汁に浸していただきます。
2人分でピーマン4個、たっぷり入れていますが、だし効果で食べやすくなっています。ピーマン嫌いのお子さんだけでなく、食べず嫌いの大人の方もぜひ!

    材料

    2人分
    ピーマン 4個
    ヤマキ 徳一番花かつお 14g(だし用)
    昆布 7g
    700ml
    2個
    小麦粉 50g
    薄口醤油 小さじ1(生地に加える分)
    ヤマキ 徳一番花かつお 7g(生地に加える分)
    サラダ油 小さじ1
    ちくわ 2本
    A
    薄口醤油 小さじ1
    A
    みりん 小さじ2
    適量
    青ねぎ(または三つ葉) 適量(お好みで)

    作り方

    ポイント

    卵の生地は柔らかいのでひっくり返しにくいですが、ひっくり返す時は、竹串などで型のまわりをなぞるようにしてから、くるりと回転させてください。
    中に入れる食材は、ちくわの他に、たこ、ベビーホタテ、コーンもおすすめです。
    ピーマン嫌いでも食べられるように、中に入れるピーマンは、だしで蒸し煮にしてありますが、生のまま入れるとジューシーで食感を楽しめます。
    わいわい焼きながら、楽しく野菜嫌いを克服してもらえたらうれしいです。

    #ヤマキタイアップ
    1. 昆布は汚れをふき、水につけて1時間くらいおく。
    2. 昆布を入れた鍋を弱火にかけ、沸騰直前で昆布を取り出す。
      沸騰したら火を止め、ヤマキ 徳一番花かつおを入れて2分ほど置き、キッチンペーパーを敷いたざるで漉してだしを取る。
    3. ピーマンは、縦に1/4に切り、たねを取る。
      フライパンにサラダ油を入れて中火にかけ、ピーマンを炒める。だしを大さじ3加え、ふたをして蒸し煮にする。
    4. ピーマンの半量とだし大さじ3を、ブレンダーやミキサーでピューレ状にする。
    5. 残りのピーマンは1切れを3~4等分に切る。
      ちくわは縦半分に切り、それをそれぞれ6等分にする。
    6. ふるった小麦粉、だし200ml、薄口醤油をよく混ぜる。ピーマンのピューレ、溶きほぐした卵を加えてさらによく混ぜる。ヤマキ 徳一番花かつおは、手で擦り合わせるようにして細かくして加えて混ぜ、生地を20~30分寝かせる。
    7. タコ焼き器を予熱してサラダ油(分量外)を全体に薄く塗り、⑤の卵液を穴の8割くらいまで入れる。ピーマン、ちくわを入れ、生地をタコ焼き器の穴いっぱいに入れる。中温で焼き、周りが固まってきたら竹串などで返して焼く。
    8. 小鍋に、だし200ml、A

      薄口醤油 小さじ1、みりん 小さじ2

      を入れて中火にかけ、ひと煮立ちしたら火を止める。塩で味を整えて器に入れ、お好みで小口切りにした青ねぎ(または三つ葉)を加え、卵焼きをだしに浸して食べる。
    0 8

    コメント・感想 Comment

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「野菜のおかず 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。