レシピサイトNadia
    主菜

    【むね肉スティック】揚げない!たっぷり卵タルタルのチキン南蛮

    • 投稿日2021/02/12

    • 更新日2021/02/12

    • 調理時間15(鶏むね肉の漬け込み時間は除く。)

    🔸【パサつきがちな鶏むね肉もしっとり】ご飯がススムおかずです。 秘密の下味で驚きのやわらかさに!! 🔸下味の段階で冷凍保存可能です。 3〜4週間目安です。砂糖には保水性があり、水分を保つ働きがあるので、しっとり仕上がります。必ず砂糖→塩の順に下味を付けてくださいね。 🔸冷めても美味しいので作り置き、お弁当にも。その場合にはタルタルソースは別添えにしてくださいね。

    材料3人分

    • 鶏むね肉
      1枚(350g)
    • A
      砂糖
      小さじ1
    • A
      小さじ1/2
    • A
      おろしにんにく
      小さじ1(チューブの場合 2cm)
    • B
      小麦粉
      大さじ2
    • B
      大さじ2
    • B
      マヨネーズ
      大さじ2
    • サラダ油
      大さじ3
    • C
      大さじ3
    • C
      しょうゆ
      大さじ2
    • C
      砂糖
      大さじ2
    • D
      マヨネーズ
      大さじ4
    • D
      ゆで卵
      2個(みじん切り)
    • D
      たまねぎ
      30g(みじん切り)
    • D
      すし酢
      小さじ1
    • D
      塩・こしょう
      各少々
    • 粗挽き黒こしょう
      適量

    作り方

    ポイント

    🔸鶏もも肉でも美味しくできます。 🔸一口大にそぎ切りすると、皮は剥がれやすくなります。 苦手な方は皮はお好みで取り除いていただいても大丈夫です。

    • *鶏むね肉は皮目にフォークなどで数カ所穴を刺し、黄色い脂肪や筋などをキッチンバサミで切る。

      工程写真
    • 1

      鶏むね肉はスティック状に切りA 砂糖小さじ1、塩小さじ1/2、おろしにんにく小さじ1を砂糖→塩、おろしにんにくの順に入れて軽く揉む。 *10分おく。 このまま冷凍も出来ます。

      工程写真
    • 2

      鶏肉の水気を拭いて、B 小麦粉大さじ2、水大さじ2、マヨネーズ大さじ2の衣を付け、フライパンにサラダ油を中温に熱し、揚げ焼きする。

      工程写真
    • 3

      鶏肉は両面焼いて、C 酢大さじ3、しょうゆ大さじ2、砂糖大さじ2に漬ける。 ★漬け込みはサッと液に通す感じです。つけすぎると衣が剥がれやすいので注意です。

      工程写真
    • 4

      揚げ焼きしている間にD マヨネーズ大さじ4、ゆで卵2個、たまねぎ30g、すし酢小さじ1、塩・こしょう各少々を合わせてタルタルソースを作る。

      工程写真
    • 5

      器に盛り、タルタルソースをかけて、お好みで粗挽き黒こしょうをふる。

      工程写真
    レシピID

    406958

    質問

    作ってみた!

    「タルタルソース」の基本レシピ・作り方

    こんな「鶏肉のソテー」「唐揚げ」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「作り置き」の基礎

    「鶏もも肉」の基礎

    「鶏むね肉」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    あーぴん(道添明子)
    • Artist

    あーぴん(道添明子)

    料理研究家・栄養士

    • 栄養士

    料理研究家・栄養士あーぴんです。 手抜きに見えない時短・カンタン 美味しい・ちょっとお洒落なごはん♪ みんなが笑顔になれる幸せごはん♪ 書籍📕『旬と野菜を愉しむあーぴんの絶品おかず』宝島社 2023年9月発売 🥇2019年Nadia新人賞 🥇Nadia MVP・Nadia動画賞 🥇デルタインターナショナルくるみレシピコンテストグランプリ 🥇十五夜に食べたい!まん丸レシピコンテストグランプリ 🥇ブルグルレシピコンテストグランプリ Nadia以外でもコンテスト多数優勝🥇 企業レシピ多数開発。 大手食品会社にて新製品の企画開発。ロングラン商品を多数開発。企業側に勤務・新製品開発の経験からのレシピ開発、販促パンフなどの制作は得意です。 テレビ局にて料理レシピの開発、系列新聞に掲載。 シルバー大学、地域の料理教室講師。 企業の健康栄養セミナー、企業の健康料理教室。 【健康な体は毎日の食生活から】をモットーに初心者でも作りやすい調理法を工夫して素材を生かしたメニューを開発しています。

    「料理家」という働き方 Artist History