レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

食物繊維たっぷり♡豆とごぼう入り照り焼きハンバーグ

主菜

食物繊維たっぷり♡豆とごぼう入り照り焼きハンバーグ
  • 投稿日2020/03/14

  • 調理時間25

家族でも男性陣はアンチマクロビ&野菜を食べないので、ひき肉の代用品として蒸し大豆と食感があるごぼうを使って作りました。食べないかと思いきや意外にも好評でリクエスト頂戴致しましたー!! にんじん、玉ねぎ、しめじも入っているので、サラダなしでもOKです。 たれは、市販の麺つゆでも大丈夫です。調合する手間が省けます。

材料4人分8個分

  • A
    蒸し大豆
    50g
  • A
    ごぼう
    150g
  • A
    にんじん
    1本
  • A
    新玉ねぎ
    1個
  • A
    合い挽き肉
    200g
  • A
    パン粉
    1/2カップ
  • A
    豆乳
    大さじ2
  • A
    片栗粉
    大さじ2
  • A
    小さじ1〜
  • A
    ナツメグ
    少々
  • A
    こしょう
    少々
  • 片栗粉
    適量
  • サラダ油
    適量
  • しめじ
    100g (1パック)
  • 大さじ2
  • B
    化学調味料無添加めんつゆ(3倍)
    大さじ4
  • B
    大さじ4

作り方

ポイント

◆挽き肉を常温に出しておきますが、その際手間でなければ分量外の塩(適量)で軽く練り余分な水分を出させます。 ◆みじん切りにした野菜は、大きいボウルに入れていけば最終的にAを全て入れて練るので洗い物が減ります。 ◆フライパンに火をつける前にハンバーグを並べるのが美味しく焼けるコツです!

  • ◆ごぼう、にんじん、新玉ねぎは、それぞれみじん切りしておく。 ◆Aの分量のパン粉にAの分量の豆乳を湿らせておく。 ◆合い挽き肉は、冷蔵庫から出しておく。 ◆しめじは石づきを取り、ほぐしておく。

  • 1

    下準備したものも含め、A 蒸し大豆50g、ごぼう150g、にんじん1本、新玉ねぎ1個、合い挽き肉200g、パン粉1/2カップ、豆乳大さじ2、片栗粉大さじ2、塩小さじ1〜、ナツメグ少々、こしょう少々を全てボウルに入れて練る。

  • 2

    工程1を8等分し、それぞれ丸く成形し片栗粉を薄くはたいておく。

  • 3

    フライパンにサラダ油をしき、ハンバーグを並べてから火をつける。 中火で5分加熱したら裏返し、しめじを入れサッと炒めたら酒を入れ蓋をし弱火で7〜8分蒸し焼きする。

  • 4

    工程3が焼き上がったら蓋を外し、B 化学調味料無添加めんつゆ(3倍)大さじ4、水大さじ4を加えからめながら焼く。たれにとろみがついたら出来上がり。

レシピID

387736

「玉ねぎ」の基礎

「にんじん」の基礎

「ごぼう」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

ハンバーグ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

hitomi.
Artist

hitomi.

静岡県浜松にてフードスタイリストとして活動しておりますhitomi.です。 幼稚園教諭を経て食の世界へ。 色々な料理教室に通ったり、飲食店に勤務し調理師免許を取得する。 また、スーパーの試食営業販売の仕事に携わる中、元某料理教室の講師陣が上司という環境下でしこったましごかれ上達する。 数年前にフードコーディネーターであもある恩師から試食の展示品を作って飾るというフードスタイリングの道を勧められ 自身もその魅力にハマり2019年3月、フードライセンス国際協会認定のフードスタイリスト1級を取得する。 その後、フードコンサルタントの梅原けいさんと出会い 『フードビジネススタートアップ講座』を受講し、静岡県浜松にてフードスタイリストとして活動しています。 私は、Food Stylingが大好きです♡ 食べることも作ることも♡♡ そんな私が、今年の春 ゆる糖質制限dietを決意し、自分への戒めとdietをゆるく長く続けていきたいという想いから サブの肩書きを ゆるマクロビ料理研究家から ゆる糖質制限料理研究家に変更しました! 主な活動は、オンラインにてフードスタイリングした料理写真を販売をしております。が、ゆる糖質制限料理研究家としてのレシピ開発や営業販売、手元料理動画の撮影など食に関する活動もしています。 そして、これからもっともっと色々な活動をしていきたいと思っています! 趣味は、カフェ&雑貨屋巡りや美味しいものを食べに行くことです! よろしくお願いいたします(*´︶`*)♥️

「料理家」という働き方 Artist History