津軽の郷土料理にんじんの子和え【#常備菜】

20

2019.02.26

分類副菜

調理時間: 20分

ID 372526

村越仁美

おうちdeごはんときどきおやつ

津軽の冬の郷土料理
冬の食材、生の真鱈の子と人参を炒り煮にする人参の子和え。
津軽では、冬の家庭料理として又はお正月料理の一つとして作られています。
優しい味つけがどこか懐かしくご飯が進む一品です。
今回は、常備菜として少し多めの4人前のレシピになっています。
器:津軽金山焼
箸:津軽塗

    材料4人分
    人参(中) 1本
    しらたき 100g
    真鱈の子(生) (200g~300g)
    高野豆腐 1枚
    長ねぎ 1/2本
    A
    だし汁 150cc
    A
    日本酒 大さじ1
    B
    醤油 大さじ1
    B
    みりん 大さじ1
    ごま油 大さじ1
    作り方
    Point!
    人参は、スライサーで切ってもOK!
    人参は、煮過ぎないのがポイント!
    ごま油で炒めるとコクが出ます。
    温かいものも冷ました状態も美味しいです。
    冷めると塩味を強く感じるので塩は、控えめに。
    冷蔵庫に入れて2日〜3日以内にお召し上がりください。
    真鱈の生の子は、冷凍できます。
    1. しらたきを下茹で後、ざるにあげ水切り。
      高野豆腐を水で戻す。
      人参(中)を5cm程の千切り長ネギは、小口切り。
      高野豆腐は細めの短冊切り、しらたきは食べやすい長さに切る。
      真鱈の子(生)は皮に切り目を入れ開き、包丁の背で皮からそいで取り出す。
    2. 鍋にごま油を入れ中火で熱し、人参としらたきを炒めしんなりしてきたらA

      だし汁 150cc、日本酒 大さじ1

      を加える。
    3. 沸騰したら真鱈の子をいれ、箸でほぐし、B

      醤油 大さじ1、みりん 大さじ1

      を加え、味を見て必要なら醤油とみりんで味を調える。
    4. 高野豆腐を入れ、混ぜながら煮含ませ、最後に火を止め、長ねぎを加え混ぜる。
    32 38
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「高野豆腐 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。