レシピサイトNadia
    主菜

    パルミジャーノ香る♪茄子とさんまの重ね焼き

    • 投稿日2015/09/03

    • 更新日2015/09/03

    • 調理時間30

    パルミジャーノチーズとさんま蒲焼缶で作ったたねを茄子と重ねて焼きました。醤油の甘辛味とパルミジャーノは相性いいんです♪ お手軽材料を組み合わせておもてなしにも使えるお洒落なひと品にしました。

    材料2~4食分

    • なす
      1~2本(5㎜厚スライス12枚分)
    • A
      さんま蒲焼缶
      1缶
    • A
      パルミジャーノ・レッジャーノ・チーズ
      30g
    • A
      オリーブオイル
      大1
    • A
      絹ごし豆腐
      100g
    • A
      パン粉
      30g
    • 粗挽き黒胡椒
      適量

    作り方

    ポイント

    使う茄子は米茄子、丸茄子がおススメですが、何茄子でも。 1のたねの混ぜ具合はお好みで、さんまの形の残り具合で風味、食感が変わります。 このたねはいろいろ活躍します。他の野菜にのせても、このままパンやごはんにのせても。

    • 絹ごし豆腐はキッチンペーパーで挟んで電子レンジに1分かけ、重しをしてそのまま粗熱を取り水切りする。(70~80g位になるまで) さんま蒲焼缶の汁気を除く。 パルミジャーノ・レッジャーノ・チーズは20gを粉になるようおろし、残りはピーラーで薄く削ぐ。 なすは5㎜厚に切り、軽く水にさらしてしっかり水気を切る。

    • 1

      ビニルやボウルにA さんま蒲焼缶1缶、パルミジャーノ・レッジャーノ・チーズ30g、オリーブオイル大1、絹ごし豆腐100g、パン粉30gをすべて合わせて揉み混ぜる。

    • 2

      耐熱容器に茄子を敷き、1の種を15g位ずつのせて平らにし、上に茄子をのせ、同様の作業をして茄子で蓋をする。

      工程写真
    • 3

      オリーブオイル(分量外)を回しかけ、200℃のオーブンで15~20分焼く。 粗熱が取れたら器に取り、スライスしたパルミジャーノ・レッジャーノ・チーズと粗挽き黒胡椒をのせる。

      工程写真
    レシピID

    130988

    質問

    作ってみた!

    関連キーワード

    「オーブン」の基礎

    「豆腐」の基礎

    「なす」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    小澤 朋子
    • Artist

    小澤 朋子

    料理家

    • 管理栄養士
    • フードコーディネーター
    • フードアナリスト
    • 惣菜管理士
    • ごはんソムリエ

    食品会社でレシピ開発、メニュー提案、調理の仕事を主にしています。 料理大好き!食べるのはもっと好き!! 家族が楽しく美味しく、食べてるうちに健康になれちゃうものをといつも心がけてごはん作りをしています。 忙しくても作れる簡単時短レシピが多いですが、たまに『ともcafe』がOPENしておもてなし料理が登場することも。 見てくださる方のごはん作りの参考になることができれば嬉しいです♪

    「料理家」という働き方 Artist History