レシピサイトNadia
    主食

    いなり恵方巻き。

    • 投稿日2016/01/20

    • 更新日2016/01/20

    • 調理時間30

    柚子茶はこんな活用も♪爽やかな柚子風味のすし飯をジューシーな油揚げで巻きました。 簡単なのに本格的に仕上がる、大人も子供も楽しめる恵方巻きです、

    材料2人分

    • ごはん(冷たければ温める)
      300g
    • 柚子茶
      大1.5~2
    • 米酢
      大1
    • A
      油揚げ
      2枚
    • A
      白だし 
      大1.5
    • A
      1/2カップ
    • B
      鶏胸肉
      小さめ1枚
    • B
      大1
    • B
      オリーブオイル
      大1
    • B
      味噌
      大1
    • ほうれん草
      大きめ1株
    • 人参(千切り
      16g

    作り方

    ポイント

    使用する柚子茶により甘さ、味の濃さが違いますので調整してください。 柚子茶がない場合は、ママレードジャム大1.5程度、レモン汁小1、米酢 大1で代用してください。 蒸し鶏のオリーブ味噌和えは作りやすい量(8本分程度)です。

    • 鶏むね肉は両面にフォークで穴をあけ、耐熱皿に入れて酒をふりかけ、ふんわりラップをして電子レンジ500W2分加熱する。裏返してさらに500W1分30秒加熱する。触ってぶよぶよしているようならば30秒ずつ加熱して様子を見てください。そのまま冷ます。

    • 1

      油揚げはキッチンペーパーで包んで巻物のようにくるくる丸め、押し付けるようにやや力をかけて転がす。(こうすることで油抜きができ、開きやすくもなります。)ペーパーを外し、キッチンばさみや包丁で切れ目を入れて開く。

      工程写真
    • 2

      鍋に白だしと水、2の油揚げを入れ、フタをして火にかける。沸騰したら弱火にし、2分程度煮たら破れないように全体を返し、さらに煮汁がひたひたになるまで煮て冷ましておく。だいたい冷めたら汁気を軽く絞り、出た汁は使用するので取っておく。

    • 3

      ほうれん草はラップで包んで電子レンジでしんなりするまで加熱し、水に晒してギュッと水気を絞る。5㎝長さに切り、束ねて再度水気をしっかり絞る。人参もラップで包んでしんなりするまで電子レンジで加熱し、キッチンペーパーなどで水気を除く。これらに3の油揚げの煮汁をかけ、和える。

    • 4

      冷ました鶏むね肉の汁気を軽く除いて適当に裂き、オリーブオイルと味噌を加えて和える。 柚子茶と米酢を合わせて混ぜ、ごはんにかけてさっくり混ぜる。

      工程写真
    • 5

      ラップや巻きすの上に3の油揚げを広げる。ごはん1/2量を油揚げの巻き終わり3㎝位残して広げる。手前1/3くらいに4のほうれん草と人参の汁気を絞ったもの、5の蒸し鶏の和え物を並べて巻く。ラップにぴっちり包み、すぐに食べない時はこのまま置いておく。ラップごとカットすると切りやすいです。

      工程写真
    • 6

      蒸し鶏の和え物は多めにできるので、野菜も足して和え物にしても。 味噌オリーブ風味、オリーブの和風使いも合うんです! 食卓のあとひと品やお弁当に便利♪ごはんやパンにのせても美味しいですよ~。

      工程写真
    レシピID

    133859

    質問

    作ってみた!

    こんな「すし」のレシピもおすすめ!

    このレシピが入っているコラム

    このレシピが入っているレシピまとめ

    関連キーワード

    「レモン」の基礎

    「油揚げ」の基礎

    「にんじん」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    小澤 朋子
    • Artist

    小澤 朋子

    料理家

    • 管理栄養士
    • フードコーディネーター
    • フードアナリスト
    • 惣菜管理士
    • ごはんソムリエ

    食品会社でレシピ開発、メニュー提案、調理の仕事を主にしています。 料理大好き!食べるのはもっと好き!! 家族が楽しく美味しく、食べてるうちに健康になれちゃうものをといつも心がけてごはん作りをしています。 忙しくても作れる簡単時短レシピが多いですが、たまに『ともcafe』がOPENしておもてなし料理が登場することも。 見てくださる方のごはん作りの参考になることができれば嬉しいです♪

    「料理家」という働き方 Artist History