レシピサイトNadia
    主食

    【基本のピザ生地】美味しい自家製ピザ生地の作り方

    • 投稿日2021/01/22

    • 更新日2021/01/22

    • 調理時間25(一次発酵1時間、二次発酵30分を除く)

    お気に入り

    684

    今回は我が家で作る自家製ピザ生地のご紹介。 小麦粉の種類や発酵など、よくわからない方は多いのではないでしょうか? こちらはイタリアで作られる基本に則ったピザ生地レシピです。 動画では、小麦粉の種類(薄力粉、強力粉)や発酵(発酵する理由、回数)について簡単に解説もしています。 こちらを使ってピザパーティー等いかがでしょうか!

    材料6人分直径30㎝×2枚分

    • A
      強力粉
      250g
    • A
      薄力粉
      50g
    • A
      ドライイースト
      5g(予備発酵不要のもの)
    • A
      オリーブオイル
      大さじ1
    • A
      小さじ1/2
    • A
      ぬるま湯
      150ml(30~40℃程度。人肌程度でOK)

    作り方

    ポイント

    ◎生地は『こねる』作業が重要!!しっかりとこねることで、さっくりモチモチな美味しい生地に仕上がります♪ こねる際、初めのうちは台や手に生地がくっついてきますが、しっかりこねていくと徐々に台から生地が離れやすくなっていきます!しっかり体重をかけ、やや粗いと思えるぐらい叩きつけたり縦横へ圧をかけたりを繰り返すことで、生地の表面が滑らかになっていきます。 生地をひとまとめにする際、ふんわりとした仕上がりになったら、しっかり生地が伸びた証拠です。 ◎生地の保存方法 二次発酵まで完了した生地を、オリーブオイルでコーティングする。タッパーに入れ、冷蔵庫で1日程度保存が可能です。

    • 1

      ボウルにA 強力粉250g、薄力粉50g、ドライイースト5g、オリーブオイル大さじ1、塩小さじ1/2、ぬるま湯150mlを全て入れ、ボウルの中で生地をまとめていく。(ドライイーストと塩は離して入れる)

      工程写真
    • 2

      粉っぽさがなくなってきたら生地を台に置き、しっかりとこねていく。 ①最初は、手で生地を伸ばして丸めてを繰り返す。 ②台から生地が離れやすくなってきたら、生地を台にたたきつける。たたくときは、生地の端をもって台にたたきつけ、生地を折り返してまたたたくを繰り返す。 ③最後は「V」の字を描くように、左方向、右方向、交互に生地をのばす。 ④表面が滑らかになり生地を押した時に戻りがよくなってきたら綺麗に丸める。

      工程写真
    • 3

      丸めた生地をバットや耐熱ボウルに入れ、上から塗れ布巾をかけ、軽くラップをする。 35度で1時間発酵させる。

      工程写真
    • 4

      発酵後生地が2倍に膨らんだら、台にのせ軽くこねて空気の含みを均一化する。

      工程写真
    • 5

      生地を半分にちぎって、それぞれ丸め、再度上から塗れ布巾をかけてラップをして二次発酵させる。 ※二次発酵は30分常温放置

      工程写真
    • 6

      二次発酵後、生地を麺棒で直径30㎝程に丸く伸ばす。

      工程写真
    • 7

      ★生地をすぐに使わない場合の保存方法★ ⑤の二次発酵まで完了した生地を、オリーブオイルでコーティングする。タッパーに入れ、冷蔵庫で1日程度保存が可能です。

      工程写真
    • 8

      クアトロフォルマッジのレシピはこちら↓ https://oceans-nadia.com/user/244468/recipe/405413

      工程写真
    • 9

      照り焼きチキンピザのレシピはこちら↓ https://oceans-nadia.com/user/244468/recipe/405416

      工程写真
    レシピID

    404963

    質問

    作ってみた!

    こんな「ピザ生地」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「パン・お食事パイ」の基礎

    「作り置き」の基礎

    「オーブン」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    ゆうだい
    • Artist

    ゆうだい

    料理研究家・僧侶

    料理研究家・僧侶。 大学時代は酵素学や食品衛生学を学び、大手金融機関、大手広告会社を経て、現在は様々な巡りあわせで料理研究家兼僧侶になってます。笑 大正生まれの祖母から令和生まれの娘まで、4世代6人家族。 『簡単でありながら、ワンランク上の本格的な美味さ』にこだわり、調味料や素材の味を活かした料理を研究しています。 また、僧侶ならではの精進料理等も随時ご紹介! 【料理ジャンル】 ・和洋中 ・おもてなしメニュー ・晩酌レシピ ・キャンプ飯 ・簡単お菓子 ・娘の離乳食や取り分けご飯 等など、身近な食材・調理アイテムでなんでも作ります。 業務スーパー・コストコ・カルディなどのおすすめアイテムを駆使した料理もお楽しみに!!

    「料理家」という働き方 Artist History