レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

シャキシャキれんこん入り甘辛韓国風チキン

主菜

シャキシャキれんこん入り甘辛韓国風チキン
  • 投稿日2021/02/18

  • 調理時間20

シャキシャキのれんこんに 皮パリジューシーな韓国風の甘辛チキンを合わせました。 これには絶対ビールだな〜(^.^) と思いながら作ったけど、男子うけするおかずにもなってます(^ ^) 美味しくできたのでぜひお試しください♪

材料たっぷり2人分

  • れんこん
    約200g
  • 鶏もも肉
    1枚(約300g)
  • A
    砂糖、塩
    各ふたつまみ
  • A
    大さじ1
  • A
    にんにくチューブ
    小さじ1/2
  • 片栗粉
    大さじ2弱
  • サラダ油
    大さじ1
  • B
    酒、みりん
    各大さじ1
  • B
    コチュジャン
    小さじ2
  • B
    醤油、ケチャップ
    各小さじ1
  • B
    豆板醤
    小さじ1〜
  • B
    にんにくチューブ
    小さじ1/2
  • ごま油
    小さじ1/2
  • 小ねぎ
    適量

作り方

ポイント

•鶏もも肉は厚みを均一にすることで焼きムラを防ぎます。皮目を下に焼いている時はあまり動かさず、時々焦げていないかを確認する程度でOK。 あまり触れずに焼いた方が美味しいです、れんこんも同様です。 •おつまみ用としても召し上がっていただけるようにしっかりした味付けです。薄味がお好みでしたら【B】の量を調整してください。 •冷凍保存可。冷凍する際はバッドなどにそのまま入れ急速冷凍してから保存バッグに入れ再度冷凍なさってください。保存期間は3週間です。 冷蔵作り置きする際の日もちは、作った翌日から数えて2日目までになります。

  • 1

    れんこんは厚さ3〜4㎜の半月切りにし水に放つ。5分たったらザルにあげておく。

    工程写真
  • 2

    鶏もも肉は筋切りし、身の厚みが均一になるように厚さがある箇所に切り込みを入れる。A 砂糖、塩各ふたつまみ、酒大さじ1、にんにくチューブ小さじ1/2をもみ込み5分おく。これに片栗粉をまぶす。

    工程写真
  • 3

    フライパンを熱してサラダ油をひき、皮目を下に2の鶏肉を入れる。中火〜強火で皮目にしっかり焼き色がつくまで(約4〜5分)焼く。裏返したら火がしっかり通るまで(約3分)焼く。一度皿にとる。

    工程写真
  • 4

    3のフライパンでれんこんを入れて中火で焼く、時々返しながら焼き色がつくまで火を通す。 一度火を止めB 酒、みりん各大さじ1、コチュジャン小さじ2、醤油、ケチャップ各小さじ1、豆板醤小さじ1〜、にんにくチューブ小さじ1/2を加えたら全体をよく混ぜ合わせる。火をつけ弱火で煮からめる。

    工程写真
  • 5

    れんこんにしっかり調味料がからんだら、鶏肉をもどしサッと全体を混ぜ合わせて火を止める。ごま油を加えて軽く混ぜる。

    工程写真
  • 6

    器に盛り、小ねぎを散らしていただく。

    工程写真
レシピID

407338

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

チキンソテー」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

今週の人気キーワード

ちおり
Artist

ちおり

北海道札幌市在住。 食べることが大好きな 18歳と14歳、2人の娘の母です。 【著者】 •ちおりの簡単絶品おかず【宝島社】 •ちおりの簡単絶品おかず2【宝島社】 Instagram→@chiori.m.m 働く主婦、子育て中ならではの等身大の料理が人気を呼び、インスタグラムのフォロワーは27万人超(2022年2月現在) 主婦目線で、家族から喜ばれ、忙しい女性が助かるレシピ作りがモットー。 おうちにある調味料のひと工夫で、よりおいしくなる料理をお届けしています。 インスタグラムではレシピはもちろん、料理がおいしくなるコツや保存ワザなど、役立つ情報を日々更新中です。

「料理家」という働き方 Artist History