アイルランドの伝統ハロウィーン料理 * コルカノン

25

2015.10.26

分類副菜

調理時間: 25分(じゃがいもの茹で時間含む)

ID 132805

庭乃桃

ご飯がすすむおかず と ひとなべ欧風料理のレシピ

ハロウィーンの "ふるさと" アイルランドの祝祭料理。なめらかでクリーミーなマッシュポテトに少し硬めのゆでキャベツ(またはケール)が入った一品です。キャベツが入るだけでどうしてこんなにおいしいのか!?と思うような、意外なおいしさ。すごく簡単ですが、日本では作る時にちょっとしたコツがあるのでそこを押さえるとよりおいしくできますよ♪

    材料2人分(2~3人分)
    じゃがいも(男爵) 3個 (約400g)
    キャベツ 3枚(120g)※できるだけ外葉に近いかたい部分がよい
    A
    バター 2片 (20g)
    A
    塩、ブラックペパー 各少々
    牛乳 40~50cc
    万能ねぎ(本来はスプリングオニオン、チャイブなどを使用) 適量
    作り方
    Point!
    ◆アイルランドのキャベツは葉がかなり硬いので、日本のキャベツで作る場合はなるべく外葉に近い部分を使用して少し大きめに切り、歯ざわりを楽しめるよう硬めに火を入れておきます。

    ◆じゃがいもをゆでた鍋の中でマッシュするのが美味しく作るポイント。鍋がまだ熱いので水っぽくなりにくく、お芋の味が濃くなります。

    ◆そのままポテトサラダのようにいただいても、メイン料理の付け合わせにしてもおいしいです。
    1. じゃがいもはたわしでよく洗い、皮つきのまま、かぶる程度の水、
      塩少々(分量外)と共に鍋に入れて火にかける。
      やわらかくつぶせるくらいまで、そのまま20分ほど茹でる。
    2. キャベツは外葉に近い硬い部分を中心に使用し、葉は少し大きめのざく切りに、芯(太い葉脈)は薄切りにする。それを耐熱皿に入れてふんわりラップをかけ、
      電子レンジ(600W)で2分30秒ほど加熱する。
    3. 万能ねぎは、小口切りにする。
    4. じゃがいもが茹で上がったら湯を捨て、やけどに注意しながら皮をむいて芽を取り、再び鍋に戻す。
      熱いうちにA

      バター 2片 (20g)、塩、ブラックペパー 各少々

      と人肌程度に温めた牛乳(※600Wで15~20秒ほど加熱)を加えてなめらかになるまでつぶし、水けをよく切ったキャベツを混ぜ入れる。
    5. 万能ねぎをのせていただきます。
    6. ★このお料理については、こちらのコラムでもご紹介させて頂いています。

      連載コラム「ヨーロッパ 食の風景」
      第14回:不思議に満ちるハロウィーン・ナイト! ハロウィーンの日にすること、食べ物のおはなし。
      oceans-nadia.com/user/26/column/145
    27 34
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「サラダ 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。