レシピサイトNadia
    • 公開日2019/11/10
    • 更新日2019/11/10

    本当に美味しいぶり大根|何度も作りたい定番レシピVol.97

    冬の家庭料理の定番「ぶり大根」。ぶり大根はアラを使うとうま味たっぷりで美味しく仕上がります。ぶりのアラの臭みを抜く下ごしらえの方法や大根に味を染み込ませるコツなど丁寧にご紹介します。ぶりの生臭さが残ったり、大根にうまく味が染み込まなかったりという失敗なし! ぶり大根と合わせたい、さっぱりとした副菜レシピも参考にしてくださいね。Nadiaで人気の料理研究家が自信を持っておすすめする定番レシピシリーズです。

    このコラムをお気に入りに保存

    106

    気になるコラムを保存して、後で読み返そう!

    本当に美味しいぶり大根|何度も作りたい定番レシピVol.97

     

    これからの季節、美味しくなる「大根」と「ぶり」

    冬が旬の食材を組み合わせたぶり大根は、まさに冬の家庭料理の定番ですよね。つややかにやわらかく煮えた大根には、ぶりのうま味がたっぷりとしみ込み、白いご飯もお酒もついついすすんでしまう美味しさです。

    大根とぶりを煮るだけのぶり大根ですが、コツをおさえれば、ぶりの生臭みが出ることもなく、うま味たっぷりに美味しく仕上がります。ぶりは、ぜひアラを使ってくださいね。アラから出るだしで、うま味あふれるぶり大根になります。しかも、経済的!

    それでは早速、冬のごちそう「絶品ぶり大根」を作りましょう!

     

    基本のぶり大根の作り方

     

    【材料(4人分)】

    ぶりのアラ 500g
    大根 1/2本
    しょうが 1片
    昆布 10cm
    水 600ml
    日本酒 100ml
    醤油 大さじ4
    みりん 大さじ4
    砂糖 大さじ2

     

    【作り方】

    <食材の下ごしらえ>
    大根とぶりはそれぞれ下ごしらえをします。
    大根はそのまま煮込むと味が染みにくいので、下茹でをします。ぶりは煮る前にお湯で霜降りをしてから血やぬめりを洗い流し、臭みが出ないようにして使います。このひと手間でぐんと美味しくなりますので、ぶりのアラはしっかり下ごしらえをしてくださいね。

    ●大根の下ごしらえ
    大根は厚めに皮をむき、2cmくらいの厚さに切り、半月切りにします。大根の角は、面取りをするときれいに仕上がります。

    米のとぎ汁に大根を入れて火にかけ、下茹でをします。楊枝が刺さるくらいのやわらかさになったら、ざるにあけて洗っておきます。

    ●ぶりの下ごしらえ
    ぶりは塩をふって15分くらいおいて生臭みを出し、水で洗います。

    鍋にお湯を沸かしたら、ぶりを入れ、全体が白くなったらざるにあけ、冷水にとります。
    流水で、血の塊やうろこ、ぬめりなどをしっかり取ります。骨の間の血などもしっかり洗い、キッチンペーパーなどで水けを取ります。

    <ぶりと大根を煮る>
    下ごしらえをしたら、ぶりと大根を合わせて煮付けます。
    だしは昆布を使いましたが、アラから美味しいだしが出るので、水だけでもいいです。あとは、日本酒、みりん、醤油と砂糖のシンプルな調味料で美味しくできますよ。

    1.鍋に水と日本酒と昆布を入れて火にかけ、沸騰したら、下ごしらえしたぶりのアラと、皮つきのまま薄切りにしたしょうがを入れて数分煮ます。このとき、アクがでてきたら取り除いてください。

    2.みりん、砂糖、下茹でした大根も入れて、落とし蓋をして5分程度煮てから、醤油を加えます。落とし蓋はキッチンペーパーを鍋のサイズに合わせて丸く切り、穴をあけたものを使うと、後片付けもラクチンです。落とし蓋をすることによって、煮汁がまんべんなく対流し、混ぜなくても全体に味が行きわたります。

    3.20分ほど煮込みます。煮汁が少なくなって大根に照りが出たらできあがりです。
    煮あがったばかりのぶり大根も美味しいですが、一度冷ますことで味が染み込み、さらに美味しくなります。食べるときに温め直し、針しょうがや柚子の皮などを添えたり、山椒を振ったりすると、香りよく風味が増します。

    ●このレシピをお気に入り保存する
    ぶり大根

     

    ぶり大根を楽しむ日のおすすめ副菜

    ぶり大根が美味しく煮えたら、一緒にこんな副菜はいかがですか? ぶり大根を煮込んでいる間や冷ましている間にささっとできるレシピです。

     

    ごまだれで簡単白和え

    手間のかかる白和えを、ごまだれを使って手軽に作った時短白和えです。

    ●詳しいレシピはこちら
    ごまだれで簡単白和え

     

    豆苗と焼き海苔とかにかまのサラダ

    シャキシャキ食感のサラダは、ポン酢でさっぱり。焼き海苔の香りと天かすのコクと食感も楽しいサラダです。

    ●詳しいレシピはこちら
    豆苗と焼き海苔とかにかまのサラダ


    ぶり大根を美味しく作る一番のポイントは、アラの下ごしらえ。アラの下ごしらえをしっかりすれば、圧力鍋などの特別な道具は使わなくても、お鍋ひとつで美味しく作れます。
    家庭料理の定番ぶり大根。ことこと煮込んで、冬の美味を堪能してください。


    ●こちらのコラムもチェックしてみてくださいね。
    ふっくらジューシー!脂がのった旬のブリでつくる、美味しい健康レシピ15選
    本当に美味しいぶりの照り焼き|何度も作りたい定番レシピVol.89

    キーワード

    このコラムをお気に入りに保存

    106

    気になるコラムを保存して、後で読み返そう!

    SNSでシェアしよう

    Nadia編集部おすすめコラム

    ╲ 人気連載コラム ╱

    何度も作りたい定番レシピシリーズ

    関連コラム

    「大根」の基礎

    「ぶり」の基礎

    このコラムを書いたArtist

    笠原知子
    • Artist

    笠原知子

    • フードコーディネーター

    フードコーディネーター・ スパイス香辛料ソムリエ・ パソコンインストラクター 素材の組み合わせ、スパイスや香味野菜使いなど、 家庭料理に一工夫加えて、 お酒とともに楽しむ普段の食卓が、 より賑やかになるようにレシピを考えています。

    にゃでぃあのおすすめ!
    「料理家」という働き方 Artist History