夏はやっぱり韓国料理!温泉たまごでいただく冷やしビビン麺

15

2020.08.04

分類主食

調理時間: 15分(温泉たまごの調理時間は除く)

ID 396115

Tsugumi

ローマ発 イタリア家庭料理の魅力をあなたにも

温泉たまごを箸で割った時に出てくる半熟たまごソース、牛肉を焼いた時にできる肉ダレ、それらをコチュジャンで味付けされた冷麺と一緒にいただきます。さっぱりとしたきゅうりもアクセントに。やみつきになる美味しさです。

    材料

    4人分
    冷麺 4玉
    牛肉 200g(薄切りや焼肉用)
    きゅうり 1本
    温泉たまご 4個
    A
    醤油 大さじ2
    A
    酒、みりん、胡麻油、すりごま 各大さじ1
    A
    砂糖 小さじ1
    A
    おろし生姜 小さじ2
    B
    コチュジャン 大さじ4
    B
    胡麻油 大さじ2

    作り方

    ポイント

    胡麻油の香が苦手な方はオリーブオイルで代用してください。
    ボウルでコチュジャンと絡めるときは、【コチュジャン大さじ1+胡麻油大さじ1/2】で1人分ずつ仕上げたほうが美味しく仕上がりますが、時短希望の方は、各自のお皿に直接【コチュジャン大さじ1+胡麻油大さじ1/2】のソースを盛り付け、混ぜながら召し上がって下さい。
    公式アプリで献立を作ろう

    レシピを自由に組み合わせて
    あなただけの献立が作れる!

    アプリストアへ

    1. きゅうりは千切りに、牛肉は1cm幅に切る。
    2. ボウルにA

      醤油 大さじ2、酒、みりん、胡麻油、すりごま 各大さじ1、砂糖 小さじ1、おろし生姜 小さじ2

      を混ぜ合わせ、牛肉を入れしっかりと混ぜる。
    3. フライパンに胡麻油(分量外)を入れ、工程2を炒める。
    4. 冷麺はたっぷりの水で表記時間より1分長く茹で、冷水でしっかりとしめる。ボウルにB

      コチュジャン 大さじ4、胡麻油 大さじ2

      を混ぜ合わせ、ここに水気をしっかり切った冷麺を入れ混ぜ合わせる。(写真はひとり分)
    5. 器に工程3の麺を盛り付け、きゅうりの千切り、工程2の牛肉と焼きだれ、温泉卵を添える。
    6. <温泉たまごの作り方>
      炊飯器に冷蔵庫から取り出したばかりの卵を入れ、ここに熱湯を卵が隠れるまで入れる。保温機能で20分。
    4 44

    コメント・感想 Comment

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    このレシピをサイトに埋め込む

    「冷麺 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    アプリで
    見る
    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

    プレミアムサービスとは