レシピサイトNadia
    主食

    【フライパンで簡単】とうもろこしとソーセージの炊き込みピラフ

    • 投稿日2021/07/16

    • 更新日2021/07/16

    • 調理時間25

    お気に入り

    715

    ★【フライパンで簡単】生のとうもろこしが美味しい炊き込みピラフです。 お米を炒めてから炊くので、ひと手間かかりますが、美味しさが違います。 ★フライパン又は、厚手の鍋で蓋のきっちり閉まるものをお使いください。 ★旬のとうもろこしを芯まで丸ごと炊き込み、旨味を逃しません。

    材料4人分

    • 3合(540ml)
    • とうもろこし
      1本
    • ウインナーソーセージ
      6本
    • たまねぎ
      1個
    • にんにく
      1かけ
    • しめじ
      100g
    • オリーブオイル
      大さじ2
    • A
      540ml
    • A
      固形ブイヨンの素
      1個
    • A
      小さじ1/2
    • A
      コショウ
      少々
    • パルメザンチーズ
      お好みで
    • バター
      20g
    • パセリ
      適量(みじん切り)

    作り方

    ポイント

    ★ウインナーのほかベーコン、鶏むね肉、ハムなどでも美味しく出来ます。 ★とうもろこしは1本使いましたがお好みでコーンたっぷり、2本でも。

    • *米は研いでザルにあげておく。 *ウインナーソーセージは1cmに切る。 *たまねぎ、にんにくはみじん切り。 しめじは小房にわけておく。 *パセリはみじん切り。

      工程写真
    • 1

      とうもろこしは粒をはずして、芯は捨てずに取っておく。

      工程写真
    • 2

      フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくとウインナー、たまねぎを軽く炒める。

      工程写真
    • 3

      米を加えて炒めてとうもろこしを入れて油を全体に絡める。

      工程写真
    • 4

      A 水540ml、固形ブイヨンの素1個、塩小さじ1/2、コショウ少々しめじを加えて、上にとうもろこしの芯をのせて、蓋をして10分中火から沸騰したら弱火にして、火を止めて10分蒸らす。

      工程写真
    • 5

      仕上げにパセリを散らしてバターをのせ、お好みでパルメザンチーズをふる。

      工程写真
    レシピID

    417380

    質問

    作ってみた!

    レビュー(2件)
    • もも
      もも

      2021/08/08 11:16

      お米2合の時、水は360で良いですか?それとブイヨンは一個のままでも大丈夫でしょうか?
    • リリゾー
      リリゾー

      2021/07/18 20:38

      2合でキノコ類はなかったのですが、思ってた通り、おいしかったです♪とうもろこしの芯を入れることで旨味たっぷりでした♪

    このレシピが入っているレシピまとめ

    関連キーワード

    「ピラフ」「炊き込みご飯」に関するレシピ

    「作り置き」の基礎

    「しめじ」の基礎

    「とうもろこし」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    あーぴん(道添明子)
    • Artist

    あーぴん(道添明子)

    料理研究家・栄養士

    • 栄養士

    料理研究家・栄養士あーぴんです。 手抜きに見えない時短・カンタン 美味しい・ちょっとお洒落なごはん♪ みんなが笑顔になれる幸せごはん♪ 書籍📕『旬と野菜を愉しむあーぴんの絶品おかず』宝島社 2023年9月発売 🥇2019年Nadia新人賞 🥇Nadia MVP・Nadia動画賞 🥇デルタインターナショナルくるみレシピコンテストグランプリ 🥇十五夜に食べたい!まん丸レシピコンテストグランプリ 🥇ブルグルレシピコンテストグランプリ Nadia以外でもコンテスト多数優勝🥇 企業レシピ多数開発。 大手食品会社にて新製品の企画開発。ロングラン商品を多数開発。企業側に勤務・新製品開発の経験からのレシピ開発、販促パンフなどの制作は得意です。 テレビ局にて料理レシピの開発、系列新聞に掲載。 シルバー大学、地域の料理教室講師。 企業の健康栄養セミナー、企業の健康料理教室。 【健康な体は毎日の食生活から】をモットーに初心者でも作りやすい調理法を工夫して素材を生かしたメニューを開発しています。

    「料理家」という働き方 Artist History