レシピサイトNadia

    ウドと人参のきんぴら。香りの良い、春の常備菜。おつまみにも!

    副菜

    ウドと人参のきんぴら。香りの良い、春の常備菜。おつまみにも!

    お気に入り

    162

    • 投稿日2018/03/17

    • 調理時間10

    旬のウドできんぴらを。ウド独特の香りが引き立ち、ゴボウのきんぴらとはまた違ったおいしさがあります。 あと一品欲しいときや、常備菜としても活躍します! 他のお料理で出たウドの皮できんぴらを作るのもOK。 ウドの皮は生で食べると少し固いですが、千切りにして加熱してしまえば気になりません。

    材料4人分

    • ウド
      2本(約300g)
    • 人参
      2/3本(約100g)
    • A
      しょうゆ
      小さじ4
    • A
      みりん
      大さじ1
    • A
      砂糖
      小さじ1
    • 白ごま
      大さじ1
    • サラダ油
      小さじ2

    作り方

    ポイント

    ウドは変色しやすいので、切ったらできるだけ早く酢水にさらしてください。 ※2021年3月3日、レシピの一部を修正しました

    • 1

      ウドと人参はせん切りにする。ウドは酢水(分量外/水 300ml+酢 小さじ2)に5分さらし、水気をきる。

      工程写真
    • 2

      フライパンにサラダ油を中火で熱し、にんじんを炒める。火が通ったらウドを加え、透明になるまでさらに炒める。A しょうゆ小さじ4、みりん大さじ1、砂糖小さじ1を加えて炒め合わせ、白ごまを加えて混ぜる。

      工程写真
    レシピID

    256202

    「にんじん」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    きんぴら」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    いがらしかな
    Artist

    いがらしかな

    プラントベース料理家。早稲田大学卒業後、旅行会社にて広報・プロモーション企画を4年間担当。結婚を機に農家で2年ほど野菜作りに携わる。その後、旬の野菜をいかしたレシピを発信する野菜料理家として活動。企業のレシピ開発(レシピ考案からスタイリング、撮影まで)を多数担当。 現在は、健康にも環境にも動物のためにも良い、プラントベースやマクロビオティックの料理を発信。マクロビオティックスクールジャパンのレベル1(70時間)を修了し、レベル2を受講中。プラントベースフードアドバイザー、野菜コーディネーター、食品衛生責任者の資格保有。 料理写真に魅了され、料理写真講座の講師や料理撮影も行う。

    「料理家」という働き方 Artist History