レシピサイトNadia
    副菜

    ほうれん草のごま和え。すりたてのごまは格別!作り置きにも。

    • 投稿日2018/11/11

    • 更新日2018/11/11

    • 調理時間10

    お気に入り

    113

    ほうれん草が無限に食べられる! ごまの香り、ほんのりとした甘さの、和の副菜です。 材料は4つだけ。 市販のすりごまを使ってもOKですが、ごまをフライパンで炒ってからすり鉢ですりごまにすると、とても香りが良いですよ。

    材料4人分

    • ほうれん草
      300g
    • A
      白いりごま
      大さじ3(または、すりごま 大さじ1と1/2)
    • A
      しょうゆ
      大さじ1/2
    • A
      砂糖
      小さじ1/2

    作り方

    ポイント

    水っぽくならないように、ほうれん草の水気をしっかりとしぼってください。 市販のすりごまを使う場合は、2の工程を飛ばしてください。 ※2021年3月5日、レシピの一部を修正しました

    • 1

      鍋にお湯を沸かし、塩 少々(分量外)を加え、ほうれん草を1~2分ゆでる。冷水にさらし、水気をしっかりしぼり、長さ4cmに切る。

    • 2

      フライパンで白いりごまを3分ほど炒り、すり鉢ですりごまにする。

    • 3

      ボウルにA 白いりごま大さじ3、しょうゆ大さじ1/2、砂糖小さじ1/2を入れ混ぜ合わせ、1のほうれん草を和える。

    レシピID

    368276

    質問

    作ってみた!

    • おほしさまぴかぴか
      おほしさまぴかぴか

      2019/01/19 13:59

      丁寧に擦った「ごま」は、香りも良く本当に美味しいごま和えでした。

    こんな「和え物」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「作り置き」の基礎

    「ほうれん草」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    いがらしかな
    • Artist

    いがらしかな

    プラントベース料理家

    プラントベース料理家。早稲田大学卒業後、旅行会社にて広報・プロモーション企画を4年間担当。結婚を機に農家で2年ほど野菜作りに携わる。その後、旬の野菜をいかしたレシピを発信する野菜料理家として活動。企業のレシピ開発(レシピ考案からスタイリング、撮影まで)を多数担当。 現在は、健康にも環境にも動物のためにも良い、プラントベースやマクロビオティックの料理を発信。マクロビオティックスクールジャパンのレベル1(70時間)を修了し、レベル2を受講中。プラントベースフードアドバイザー、野菜コーディネーター、食品衛生責任者の資格保有。 料理写真に魅了され、料理写真講座の講師や料理撮影も行う。

    「料理家」という働き方 Artist History