レシピサイトNadia

    いちごとブルーベリーのロールケーキ。別立てでふんわり!

    デザート

    いちごとブルーベリーのロールケーキ。別立てでふんわり!

    お気に入り

    223

    • 投稿日2019/06/12

    • 更新日2019/06/12

    • 調理時間40(冷やす時間を除く)

    シンプルないちごとブルーベリーのロールケーキ。 卵黄と卵白を分けて泡立てる「別立て」で、ベーキングパウダーも加え、ふんわり膨らみやすい、失敗しづらいレシピです。 普段のおやつはもちろん、パーティーやおもてなしにもぴったりのスイーツです♪

    材料1本分(ロールケーキ型25cm使用)

    • いちご
      10粒(中サイズ)
    • ブルーベリー
      20粒
    • 3個(Mサイズ)
    • グラニュー糖
      60gと大さじ2
    • 牛乳
      大さじ2
    • サラダ油
      大さじ1
    • A
      薄力粉
      60g
    • A
      ベーキングパウダー
      小さじ1/3
    • 生クリーム
      200ml(乳脂肪分35%がオススメ)
    • ミント
      少々(あれば)
    • 粉砂糖
      少々(あれば)

    作り方

    ポイント

    ・卵白、生クリームを泡立てるときは大きめのボウルがオススメ。水分が入ると泡立たないので、必ず水気をしっかりふいてから使います。卵黄を泡立てるときは、卵白を泡立てたハンドミキサーを洗わずに使っても大丈夫です。 ・ハンドミキサーで泡立てるときは、最初は高速、最後は低速にすると、泡が消えにくいです。 ・ロールケーキはきつめに巻くのがポイント。巻き方がゆるいと、時間が経つにつれてぺしゃんこの形になってしまいます。 ・飾り付けの生クリームは、しぼり袋、丸口金を使用しています。クリームはロールケーキの中心にしぼり、その上にいちご、ブルーベリー、ミントを飾っています。

    • 卵は卵黄と卵白に分けてボウルに入れる。A 薄力粉60g、ベーキングパウダー小さじ1/3はあわせてふるう。ロールケーキ型にオーブンシートを敷く。

    • 1

      卵白、グラニュー糖 30gをハンドミキサーで角がピンと立つまで泡立ててメレンゲを作る。

    • 2

      卵黄、グラニュー糖 30gをハンドミキサーで白っぽくなるまで泡立てる。牛乳を3回に分けて加えてその都度混ぜ、サラダ油も同様に混ぜる。オーブンを180度に予熱しはじめる。

    • 3

      2に1のメレンゲ 1/2量を加えて泡立て器で混ぜ、A 薄力粉60g、ベーキングパウダー小さじ1/3を3回に分けて加えてその都度混ぜる。残りのメレンゲを加え、しっかり混ぜる。

    • 4

      型に3を流し込み、オーブン(180度)で10分焼く。粗熱がとれたらオーブンシートをはがし、焼き色がついている面を上にして、新しいオーブンシートにのせる。 ※使用するオーブンや食材等により、焼き時間は多少前後します。様子を見ながら調節してください。

    • 5

      いちご4粒は縦半分に切り、残りは1cm角切りにする。氷水を底にあてたボウルで生クリーム、グラニュー糖 大さじ2を八分立てに泡立てる。

    • 6

      4の生地に奥2cmを残して5のクリーム 2/3量をぬり、1cm角のいちご、ブルーベリー10粒を手前から7cmくらいの位置に並べる。生地を手前からきつめに巻き、オーブンシートで包み、巻き終わりを下にして冷蔵庫で30分冷やす。

    • 7

      オーブンシートをはずし、あれば粉砂糖を茶こしなどでふりかける。残りのクリームをしぼり、縦半分に切ったいちご、ブルーベリー、あればミントをのせる。

    レシピID

    376654

    「ケーキ」の基礎

    「生クリーム」の基礎

    「オーブン」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    「ロールケーキ」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    いがらしかな
    Artist

    いがらしかな

    プラントベース料理家。早稲田大学卒業後、旅行会社にて広報・プロモーション企画を4年間担当。結婚を機に農家で2年ほど野菜作りに携わる。その後、旬の野菜をいかしたレシピを発信する野菜料理家として活動。企業のレシピ開発(レシピ考案からスタイリング、撮影まで)を多数担当。 現在は、健康にも環境にも動物のためにも良い、プラントベースやマクロビオティックの料理を発信。マクロビオティックスクールジャパンのレベル1(70時間)を修了し、レベル2を受講中。プラントベースフードアドバイザー、野菜コーディネーター、食品衛生責任者の資格保有。 料理写真に魅了され、料理写真講座の講師や料理撮影も行う。

    「料理家」という働き方 Artist History