基本のきりたんぽ鍋

25

2021.12.11

分類主菜

調理時間: 25分

ID 427511

がまざわ たかこ

ほっこり おいしい ふるさとごはん。

秋田の郷土料理きりたんぽ鍋。ご飯、お肉、お野菜がひとつのお鍋に入ったバランスお鍋でもあります。
素材からでる旨みのおかげで、特別な調味料を入れなくても本格的なおいしさに!!
実は、きりたんぽ鍋のベースはお雑煮にも使える優れもの。うまみたっぷりで食べごたえのあるお雑煮になります。
せりは根っこごと頂くのが秋田流。シャキシャキ感がとってもおいしいので新鮮なせりが手に入ったらぜひ加えてみて下さいね。

    材料

    4人分
    きりたんぽ 6本
    1200ml
    出汁昆布 1枚(10g)
    鶏ガラスープの素 大さじ1
    A
    砂糖 小さじ2
    A
    醤油 180ml
    A
    みりん 180ml
    A
    100ml
    鶏もも肉 2枚
    鶏レバー 200g
    しらたき 1パック
    ごぼう 1本
    油揚げ 1~2枚
    まいたけ 1パック
    長ねぎ 1本
    せり 1~2束

    作り方

    ポイント

    きりたんぽは長く煮込むと煮崩れてしまうのでさっと煮て柔らかくなったら器に盛り付けます。
    せりもさっと火が通れば食べられるので煮すぎず、食感が楽しめる煮加減で食べるのがおすすめです。
    1. きりたんぽを用意します。
      手作りきりたんぽの作り方はこちらをどうぞ。
      oceans-nadia.com/user/22477/recipe/427517

      土鍋に分量の水を入れ出汁昆布を浸けておきます。
    2. ごぼうはたわしで良く洗ってから、ささがきにし水にさらします。
      しらたきはキッチンハサミで食べやすい長さに切って酢水に1分程浸けて臭みを除き水洗いします。
    3. せりは4cmくらいの長さにざく切りします。

      根っこが白い場合は新鮮なので捨てずにぜひ使いましょう。
      根の部分は土が残りやすいので、縦半分に割ってから水洗いすると良いです。

      せりは根の部分は分けて置いておきます。
    4. 長ねぎは5mm幅の斜め切りに、油揚げは食べやすい大きさ切り、まいたけは大きめにほぐします。
    5. 鶏もも肉は長めの一口大に切ります。
    6. 鶏レバーは小さめの一口大に切って、ハツの部分は縦半分に切って中の血合いをきれいに洗います。

      鍋に湯を沸かして1分程下茹でをしておきます。
    7. 土鍋に鶏ガラスープの素、A

      砂糖 小さじ2、醤油 180ml、みりん 180ml、酒 100ml

      の調味料を入れ、ごぼう、しらたきを入れて火にかけます。
    8. 沸騰したら昆布を取り出し、鶏もも肉、鶏レバー、油揚げ、まいたけ、せりの根を加えて煮ます。
    9. ※食卓コンロで仕上げる際はこのタイミングでテーブルに運ぶと良いです。

      半分に斜め切りしたきりたんぽ、長ねぎを加えてさっと煮てせりを加えたら火を止め余熱で火を通して完成です。
    1 92

    コメント・感想 Comment

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    ※つくメモは順次アプリのみのサービスに移行します。詳しくはこちら。

    お気に入り度

    レシピの関連キーワード Keywords

    鍋料理 両手鍋 土鍋 せり ごぼう ごちそう しらたき まいたけ ヘルシー おもてなし ボリューム 冬野菜 出汁 味醂 和風鍋 土鍋 基本 だし昆布 油揚げ 秋田 郷土料理 鍋もの 鍋料理 長ねぎ お雑煮 鶏レバー 鶏ガラスープの素 鶏もも肉

    このレシピをサイトに埋め込む

    「鍋料理 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    アプリで
    見る
    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

    プレミアムサービスとは