レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

えび蒸し団子の透き通る皮と餡

主菜

えび蒸し団子の透き通る皮と餡
  • 投稿日2016/04/07

  • 調理時間60

中国の点心の代表格の透き通る皮のえび蒸し団子。 皮の作り方はコツさえ掴めば簡単!詳しくご説明いたします。

材料約40個分

  • 〜餡〜
     
  • むきえび
    400g位
  • 烏賊の胴体
    200g
  • 水煮たけのこ
    80g
  • 香菜(みじん切り)
    大さじ1~2(あれば)
  • A
    ごま油
    大さじ2
  • A
    塩・白コショウ
    各少々
  • 〜皮〜
     
  • 貫雪粉(浮き粉)
    160g
  • 片栗粉
    160g
  • 熱湯
    160cc
  • サラダ油
    適量

作り方

ポイント

・貫雪粉は浮き粉のことです。専用の粉にはタピオカの粉と表示しておりました。 海外にお住まいの方はアジアンストアに置いてありますのでお求め下さい。 ・または専用の粉(蝦餃)でも作れます。これはタピオカの粉で出来てます。この専用の粉はふるわなくても良いです。

  • 1

    〜餡〜 むきえびは背ワタを取り除く。 大きいえびは小指の先のサイズぐらいに切る。

  • 2

    烏賊の胴体は皮を剥いて輪切りにし、フードプロセッサーにかけてペースト状にする。

  • 3

    水煮たけのこは根元と先の柔らかい部分を半々使用し、5ミリ角に切る。

  • 4

    ボウルに(1)、(2)、(3)、香菜(みじん切り)、A ごま油大さじ2、塩・白コショウ各少々を入れて粘りが出るまでよく手でこねる。

  • 5

    ここで蒸し器の準備をする(火はまだ付けません)。 皮のお湯を用意する。

  • 6

    〜皮〜 片栗粉と貫雪粉(浮き粉)を合わせてボウルにふるう。

  • 7

    熱湯を一気に注いだら箸4~5本でよくかき混ぜる。 混ざったら綿棒で突きながら更に混ぜる。

  • 8

    少し冷めたら(それでも熱いですが・・)手で全体を混ぜていく。 根性で力を込めて混ぜると一塊になってきます。

  • 9

    耳たぶくらいの柔らかさになったら、こね台にのせてふたつに折りながら約5分ぐらいこねる。 4等分にして、乾かないように保存袋に入れる。

  • 10

    ひとつ分(約80g)をサラダ油を少し生地の表面につけながら、麺棒でできるだけ薄くのばす。 空き缶(空いたツナ缶など)を利用して型抜きをする。

  • 11

    抜き取った皮に餡小さじ1程度を載せる(載せすぎに注意して下さい)。 片方にひだを作ったら優しくもう片側に押しつける。

  • 12

    切れ目を入れた円形のペーパーを蒸し器に敷き、その上に載せて火をつけ、湯気が出始めたら弱火で 6〜8分蒸す。 醤油、和辛子、中華の唐辛子ペースト、酢などを付けながら頂く。

レシピID

137347

「えび」の基礎

「いか」の基礎

「たけのこ」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

餃子」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

吉村ルネ
Artist

吉村ルネ

低糖質ダイエット/アンチエイジング/ソース・フルーツドレッシング料理研究家 ・健康維持レシピ ・栄養価PFC計算 ・感染症予防の免疫力レシピ開発 ・企業に向けた創作レシピ開発/料理撮影 ・アンチエイジングには欠かせないレモンや果物を使ったレシピ開発 グラフィックデザイナーの頃、NY在住の日本人デザイナーと結婚し渡米。 多人種が多いNYで、世界の様々な食文化に触れ、食への刺激を受ける。 夫が生活と活動の場をスペインに移し10年間過ごす。自然豊かな地中海ダイエットに触れる。 世界の各地への旅を通して様々な食文化に触れさらに食への造詣を深める。 2007年スペインからシアトルへ、その後カリフォルニアへ移住しblogを始める。 料理コンテストで数々の賞を受賞し、企業のレシピ開発、アンバサダーとしても活躍。 長年の海外生活を終え2014年に帰国し、企業のPR活動に従事。 世界の様々な食文化に触れながら、家族の健康と病気にならない方法を書物などを通して学ぶ。 自らの食の経験から、調理の工夫次第で人の体はいつまでも若くいられ健康になれると確信。 今までの実績が功を奏して、ユーザーに支持されている企業のローカーボ100レシピを共同で開発し、時短レシピ企画と撮影に携わる。 自らも仕事をしながら短時間で作れるレシピをSNSに投稿しユーザーに好評を得ている。 また、健康レシピをインスタグラムを通して人々に役立てようとグローバルに活躍中。

「料理家」という働き方 Artist History