レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

Halloween! チキンときのこのかぼちゃシチュー

主菜

Halloween! チキンときのこのかぼちゃシチュー
  • 投稿日2015/10/15

  • 調理時間25

こっくりまろやかなかぼちゃの甘みが引き立つ、チキンときのこのシチュー。シンプルな味付けながら、スパイスの香りでグッと秋らしい味に仕上がります。かぼちゃの皮も飾りに使えば、ハロウィーンパーティーにぴったりの一皿に!

材料2人分2~3人分

  • 鶏もも肉
    1枚
  • 玉ねぎ
    1個 (200g)
  • かぼちゃ
    1/4個 (正味350g)
  • しめじ
    1パック (130g)
  • オリーブオイル
    大さじ1
  • ローリエ
    1枚
  • 白ワイン
    大さじ2
  • 小麦粉
    大さじ1
  • 牛乳
    100cc
  • パルミジャーノ・レッジャーノ
    適量
  • A
    塩・こしょう(あればホワイトペパー)
    各少々
  • A
    ガーリックパウダー
    少々
  • B
    250cc
  • B
    シナモン、ナツメグ
    各少々
  • B
    こしょう(あればホワイトペパー)
    少々
  • B
    適宜

作り方

ポイント

◆シナモン、ナツメグを加えると、かぼちゃの甘みにこっくりしたコクが加わっておいしくなります。秋冬にぴったりの味わい。シナモンはやや多めにどうぞ。 ◆パルミジャーノ・レッジャーノはぜひたっぷりとどうぞ。その風味が溶け出して、シチューを一層おいしくしてくれます。

  • 1

    玉ねぎは繊維に沿って薄切りにする。 かぼちゃは種とワタを取り、包丁で皮を大きめに切り取って別に取り分け、 実の方は2cm程度の角切りにする。しめじは石突を取り、小房に分ける。

    工程写真
  • 2

    鶏もも肉は一口大に切り、A 塩・こしょう(あればホワイトペパー)各少々、ガーリックパウダー少々をもみ込む。

    工程写真
  • 3

    鍋にオリーブオイルを熱して鶏肉を焼く。 全面焼き固めたら取り出す(中まで完全に火が通っていなくてよい)。

    工程写真
  • 4

    残った油で玉ねぎを炒め、しんなりしたところで小麦粉を振り入れる。 全体がしっとりしたらローリエと白ワインを加え、ヘラで鍋底をこそげるようにして 旨みを余さず具材になじませる。

    工程写真
  • 5

    かぼちゃ、しめじを加え、油がなじんだらB 水250cc、シナモン、ナツメグ各少々、こしょう(あればホワイトペパー)少々、塩適宜を加える。 蓋をして弱火で5分煮込み、鶏肉を戻し入れてさらに10分煮込む。

    工程写真
  • 6

    その間にハロウィーン用の飾りの準備。 かぼゃの皮をラップで包み、電子レンジで2分30秒ほど加熱する(※600Wの場合)。 それをお好みの型で抜いておく。

  • 7

    5) の鍋に牛乳を加えてひと煮たちさせる。 すりおろしたパルミジャーノ・レッジャーノと 6) の飾りを添えます。

    工程写真
レシピID

132410

「玉ねぎ」の基礎

「かぼちゃ」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

シチュー」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

庭乃桃
Artist

庭乃桃

料理・食文化研究家 / 女子栄養大学 食生活指導士。 大学院でヨーロッパの歴史・文化を専攻し、現地へ留学。結婚をはさんで数年を過ごすなか、生活のベースとしての「食」の大切さを改めて感じて食の道へ。その土地ごとの暮らし・風土からうまれる料理や食のありかたを学ぶ。 現在は、料理家として企業向けレシピの開発やスタイリング・撮影を手がけるほか、食に関する書籍・コラムの執筆や翻訳、講演など多方面で活動中。 2020年、欧州連合(EU)の食品・飲料プロモーション「パーフェクトマッチ・キャンペーン」で、EU食材×日本食材のマッチングによる季節のオリジナルレシピを開発・監修。広尾のヨーロッパハウス(駐日欧州連合代表部)、国内最大の”食”の見本市・ファベックス関西ほか会場で、同キャンペーンの基調講演をおこなった。

「料理家」という働き方 Artist History