揚げないかき揚げで!夏越ごはん(6月30日の行事食) 

15

2018.06.15

分類主食

調理時間: 15分

ID 305272

河埜 玲子

忙しい人のための!一品で栄養バランスがとれる優秀レシピ

1年の前半の最終日、6月30日に食べる夏越ごはん。フライパンに2~3mmの高さの油で、揚げ焼きで作るサクサクかき揚げで、手軽に作れます。

    材料2人分
    玉ねぎ 1/4個(50g)
    にんじん 1/3本(60g)
    枝豆 50粒(さやから出したもの)
    薄力粉 大さじ2
    A
    薄力粉 大さじ2
    A
    片栗粉 大さじ1
    A
    マヨネーズ 大さじ1
    A
    大さじ3
    雑穀ごはん 2膳分
    B
    大根おろし 大さじ4(軽く水分を切る)
    B
    麺つゆ(2倍濃縮) 大さじ4
    B
    しょうが汁 小さじ1/2
    作り方
    Point!
    ・野菜に薄力粉をまぶしておくと、衣が薄くてもばらけにくい。・マヨネーズと片栗粉を加えることで、揚げ焼きでもサクサクに。・薄く広げて揚げ焼きする。・揚げ焼きしている時は、あまりさわらない。・火加減はずっと中火。(弱めない)
    夏越ごはんとは、雑穀ごはんの上に、茅の輪をイメージする緑、邪気を祓う赤の野菜を使った丸いかき揚げをのせ、しょうがを加えたおろしだれをかけたご飯です。
    1. 玉ねぎは薄切りに、にんじんは千切りにする。
      ボウルに玉ねぎ、にんじん、枝豆を入れて薄力粉大さじ2をまぶす。
    2. 別のボウルにA

      薄力粉 大さじ2、片栗粉 大さじ1、マヨネーズ 大さじ1、水 大さじ3

      を入れてさっと混ぜ、1を加えて混ぜ合わせる。
    3. フライパンに、なたね油を底から2~3mmくらいまで入れて中火にかけ、2を1/4量ずつ薄く円形に広げる。
      片面が色づいたらひっくり返し、もう片面も色づいたら取り出す。
    4. 丼に雑穀ごはんを盛り、かきあげを2枚ずつのせ、B

      大根おろし 大さじ4、麺つゆ(2倍濃縮) 大さじ4、しょうが汁 小さじ1/2

      を混ぜたたれをかけて食べる。
    3 130
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「かき揚げ 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。