レシピサイトNadia

    「基本」アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ

    主食

    「基本」アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ

    お気に入り

    1446

    • 投稿日2018/01/22

    • 更新日2018/01/22

    • 調理時間10(湯を沸かす時間を除く)

    ペペロンチーノをズバリ徹底解説!シンプルだけど奥深いペペロンチーノの基本をご紹介いたします

    材料1人分

    • スパゲッティーニ
      80g
    • B
      にんにく
      1カケ
    • B
      赤唐辛子
      1/2個
    • B
      Exオリーブオイル
      大2
    • A
      3l
    • A
      大2
    • Exオリーブオイル(仕上げ)
      小2

    作り方

    ポイント

    ペペロンチーノはオイルがソースのパスタです。なので美味しいオリーブオイルを用意するのがポイントです! また、シンプルなだけにパスタも重要です。 ブロンズダイス製法のものがおススメです!

    • A 湯3l、塩大2の湯を沸かす 湯に対して塩は1%です ※硬水がベスト プリっとした仕上がりになります

      工程写真
    • 1

      にんにくはみじん切りにする ※この時少しオリーブオイルをかけて切ると くっつきづらくなります

      工程写真
    • 2

      赤唐辛子は種をとり、輪切りにする ※写真は4倍になっています

      工程写真
    • 3

      スパゲッティーニ(1.6mm)を湯でる ※この時グラグラ茹でないようにします パスタのザラザラした部分が無くなり、ソースとの絡みが悪くなります!

      工程写真
    • 4

      ゆで時間は表記時間より1分早くタイマーをセットしておく ※残りの1分でソースと絡めるため

    • 5

      フライパンにB にんにく1カケ、赤唐辛子1/2個、Exオリーブオイル大2を入れる ※フライパンには火を付けません。

      工程写真
    • 6

      パスタ茹で上がり3分前くらいに弱火で火にかける ※あまり早い時間からやりすぎると辛くなりますので 調節してください

      工程写真
    • 7

      パスタ茹で上がり2分前くらいになったら お玉1杯分のパスタのゆで汁を入れます ※お玉1杯 60ml  ※茹で上がり直前のゆで汁はデンプンが溶けだしていて乳化の安定し、パスタとソースの調和がとれます。また塩味もここで付きます

      工程写真
    • 8

      フライパンとトングを素早く回し、乳化させる ※水と油が、均一に混ざり合った状態にさせることにより、ソースとして絡みやすくなる。とろんとしたらOK

      工程写真
    • 9

      茹で上がったパスタを入れる ※この時水は切りすぎない。ザっと切れたらOKです (お蕎麦のようしっかりと切りません)

      工程写真
    • 10

      Exオリーブオイル(仕上げ)を加え、1分ほどソースと絡める ※盛り付けたときにゆで時間になるようにすると アルデンテの仕上がりになります

      工程写真
    レシピID

    232808

    「パスタ」の基礎

    「にんにく」の基礎

    「油」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    松尾絢子(ちきむん)
    Artist

    松尾絢子(ちきむん)

    料理研究家  テーブルコーディネーター(日本テーブルデザイナー協会認定講師) 二児の男子の母 無類のお酒好き ササッと出来る男子ウケご飯物から お酒必須のオツマミレシピが得意です パーティーシーンにはテーブルコーディネートに映える オシャレなお料理もご紹介しています

    「料理家」という働き方 Artist History