レシピサイトNadia
    副菜

    ブルーベリーとかぶのピクルス

    • 投稿日2019/09/26

    • 更新日2019/09/26

    • 調理時間10(漬け時間は除く)

    ブルーベリーの紫色がきれいな砂糖不使用のヘルシーピクルス。 紫色はアントシアニン(ポリフェノールの一種)の色で、抗酸化作用や美肌効果がある栄養素。野菜のビタミンやミネラル、カロテノイド類とともに、美肌やアンチエイジングに効果的です。 さらにりんご酢のクエン酸で、疲労回復やダイエットにも役立ちます。 ピクルスは冷蔵庫で1週間ほど保存可能。 長く漬けると、どんどん色が濃くなり、ブルーベリーがスカスカになるので、ブルーベリーは早めに引き上げて食べるのがおすすめです。 アントシアニンたっぷりの漬け汁は、捨てずに酢の物などに活用しましょう。

    材料6人分作りやすい分量

    • 冷凍ブルーベリー
      100g
    • かぶ
      2個(300g)
    • きゅうり
      1本
    • パプリカ(赤・黄色)
      各1個
    • A
      ニンニク(すりおろし)
      1片分
    • A
      りんご酢
      300ml
    • A
      みりん
      大さじ4
    • A
      白しょうゆ(なければ薄口しょうゆ)
      大さじ2
    • A
      アガベシロップ(なければハチミツ)
      大さじ8
    • ディルなど好みのハーブ(あれば)
      適宜

    作り方

    ポイント

    ブルーベリーは生より冷凍を使うのが、きれいな紫色に仕上げるポイント! 酢と合わせると鮮やかな紫色に変わるので、甘酢の中に入れてから野菜と合わせることで、ムラなくきれいに色付きます。

    • 1

      A ニンニク(すりおろし)1片分、りんご酢300ml、みりん大さじ4、白しょうゆ(なければ薄口しょうゆ)大さじ2、アガベシロップ(なければハチミツ)大さじ8を鍋に入れ、ひと煮立ちさせて冷まし、冷凍ブルーベリーを入れて紫色の甘酢をつくります。

    • 2

      かぶは皮付きのまま縦に16等分に切り、きゅうりは1cmの輪切り、パプリカ(赤・黄色)は種とヘタを取って、横に半分、縦1cm幅に切ります。

    • 3

      チャック付きビニール袋に②、①、ディルなど好みのハーブ(あれば)を入れ、空気を抜いて密閉し、冷蔵庫で一晩漬けます。

    レシピID

    379828

    質問

    作ってみた!

    「ピクルス」の基本レシピ・作り方

    こんな「ピクルス」のレシピもおすすめ!

    このレシピが入っているコラム

    関連キーワード

    「にんにく」の基礎

    「りんご」の基礎

    「きゅうり」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    中元千鶴
    • Artist

    中元千鶴

    ヘルシー料理研究家/ライター。 食生活アドバイザー・サプリメントアドバイザー・ジュニア野菜ソムリエの資格を持ち、砂糖・油・食塩・添加物ゼロ、野菜中心の低カロリー&減塩レシピを提案。 執筆、講演、健康・美容関連の企画・プロデュース、食事・サプリメント・ダイエットのアドバイスなど幅広く活動中。 著書に「砂糖・油・食塩ゼロでやせて10歳若返る!」ほか、メディア掲載多数。

    「料理家」という働き方 Artist History