レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

ブッシュ・ド・ノエル。

デザート

ブッシュ・ド・ノエル。
  • 投稿日2017/12/06

  • 調理時間40(冷蔵庫で冷やす時間は省く。)

お気に入りに追加

79

クリスマスの定番ケーキ、ブッシュ・ド・ノエルです。 生地とクレームシャンティにラズベリーピューレを入れました。 回りのクリームを塗る面倒な作業を省きました。

材料35×25×深さ2cmの天板を使用しました。

  • ◆ロール生地
  • 全卵
    1個
  • 卵黄
    3個分
  • グラニュー糖
    20g
  • 製菓用太白ごま油(菜種油でも可)
    15g
  • 薄力粉
    60g
  • 製菓用クーベルチョコレート
    30g
  • ラズベリーピューレ
    50g
  • 卵白
    3個分
  • グラニュー糖
    60g
  • ◆クレームシャンティ
  • 生クリーム
    200ml
  • グラニュー糖
    20g
  • ラズベリーピューレ
    30g
  • 飾り用クーベルチョコレート
    50g

作り方

ポイント

クレームシャンティを作る時にはじめはあまり泡立てない様にして下さい。 冷たいラズベリーピューレを入れると一気に固まります。

  • 製菓用クーベルチョコレートは湯煎で溶かしておく。 薄力粉はふるっておく。

    工程写真
  • 1

    飾り用クーベルチョコレートを湯煎で溶かす。 クッキングシートの上に流して、その上にクッキングシートをのせて薄くのばす。

    工程写真
  • 2

    のばしたチョコレートが固まったら、手前から大きめに丸める様にして折る。 冷蔵庫に入れておく。

    工程写真
  • 3

    卵白3個をメレンゲにします。 卵白用グラニュー糖(60g)を3回に分けて入れ、ツノが立つまで泡立てる。

    工程写真
  • 4

    卵黄と全卵を合わせて、白っぽくなるまで混ぜる。 白っぽくなったら製菓用太白ごま油(菜種油でも可)を入れて混ぜる。

    工程写真
  • 5

    グラニュー糖(20g)を入れて混ぜ、ふるっておいた薄力粉を入れて混ぜる。

    工程写真
  • 6

    溶かしたクーベルチュールチョコレートとラズベリーピューレを入れて混ぜる。

    工程写真
  • 7

    卵黄生地の中にメレンゲを少し入れてぐるぐるっと混ぜる。 泡が消えてもOKです。

    工程写真
  • 8

    残りのメレンゲを2~3回に分けて入れ、メレンゲが残らない様に底からすくいあげる様に混ぜる。

    工程写真
  • 9

    天板にクッキングシート(コピー用紙)を敷き、生地を流し入れる。 表面をカード等でならして底をトントンと叩いて空気を抜く。 余熱200度のオーブンで180度の13~14分位焼く。 途中、9分位で天板をひっくり返しています。

    工程写真
  • 10

    焼きあがったら20cmの高さからトンと落とす。 回りの紙を外して、上に紙をのせて粗熱を取る。

    工程写真
  • 11

    生クリームとグラニュー糖(20g)をボウルに入れて少しトロっとする位まで泡立てる。

    工程写真
  • 12

    ラズベリーピューレを入れて7分立て位まで泡立てる。

    工程写真
  • 13

    ロール生地をひっくり返して紙を剥がす。 巻き終わりの所を斜めにカットする。

    工程写真
  • 14

    斜めに切った所を向こう側に置き、クレームシャンティをまんべんなく塗り、巻き始めを少し折る。

    工程写真
  • 15

    巻き始めを指で押さえながら巻き、途中からは紙を持ち上げる様にくるっと巻く。

    工程写真
  • 16

    ラップをして半日~冷蔵庫で寝かす。

    工程写真
  • 17

    ロールケーキの所々に接着用チョコレート(分量外)を塗り、飾り用に作った折ったチョコレートを貼り付ける。 お好みでココアパウダーを振って下さい。

    工程写真
レシピID

217796

「チョコレート」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

ロールケーキ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

きよみんーむぅ
Artist

きよみんーむぅ

料理作りは食べてくれる人への『愛情』と、こよなく白米を愛する自分自身の『食い気』。 手軽に、簡単に、美味しく!をモットーに皆様に作って頂けるレシピを考えてます。

プロフィールへ
「料理家」という働き方 Artist History