レシピサイトNadia
    副菜

    家庭料理の定番!切り干し大根の煮物【冷凍作り置き】

    • 投稿日2022/05/24

    • 更新日2022/05/24

    • 調理時間20

    お気に入り

    1218

    少ない調味料ですが、しっかり味が染みて口当たりが良くやさしい味の煮物です。 冷凍保存も可能なのでストックしておくと、 使いたい時に使えてとても重宝しますよ。

    材料4人分

    • 切り干し大根
      30g
    • 人参
      1/3本(約60g)
    • 油揚げ
      1枚
    • サラダ油
      大さじ1
    • ごま油
      小さじ1
    • A
      切り干し大根の戻し汁
      300ml
    • A
      酒・みりん・醤油・白だし
      各大さじ1
    • A
      砂糖
      小さじ1

    作り方

    ポイント

    ・10分煮た後、ごま油を加えて煮詰めると口当たりがしっとりして少ない調味料でも味がしっかりつきます <保存方法・保存期間> ・保存容器に入れ冷蔵保存で3日 ・ジッパー付きの袋に入れ冷凍保存で3週間 ・冷蔵庫に移し、自然解凍してからレンジで温める

    • 1

      切り干し大根は洗って、 300ccの水に5分浸して戻し水気を絞る。 戻し汁は取っておく。

    • 2

      人参は皮をむき洗って細切りにする。 油揚げも細切りにする。 A 切り干し大根の戻し汁300ml、酒・みりん・醤油・白だし各大さじ1、砂糖小さじ1を混ぜ合わせる。

    • 3

      フライパンにサラダ油をひき中火で熱し、 人参、切り干し大根を加え人参がしんなりするまで炒める。

    • 4

      ③に油揚げとA 切り干し大根の戻し汁300ml、酒・みりん・醤油・白だし各大さじ1、砂糖小さじ1を加え、 沸騰したら蓋をして中火で10分煮る。

    • 5

      10分経ったら蓋を取り、 ごま油を加え煮汁がほぼなくなるまで煮詰める。

    レシピID

    437728

    「作り置き」の基礎

    「切り干し大根」の基礎

    「にんじん」の基礎

    質問

    作ってみた!

    レビュー(5件)
    • えこ
      えこ

      2023/05/12 22:31

      すごく美味しくできました!体に優しいレシピが簡単にできて嬉しいです。 ありがとうございました🥰
    • 707807
      707807

      2023/04/13 22:18

      今までの切り干し大根のレシピの中でダントツ一番美味しいです。自家製の切り干し大根で何度も作っています♪
    • 869764
      869764

      2023/03/17 17:57

      とっても美味しかったです!主人も食べた瞬間「うまっ!買ったやつみたい!」とびっくりしていて、4歳息子も「これおいしい!」と家族みんな大好評でした😊
    • 69773
      69773

      2023/01/30 16:06

      油揚げをさつま揚げにしても冷凍できますか?
    • Mai
      Mai

      2022/09/08 15:59

      和食だったので、検索するとき鈴木美鈴さんのレシピがないかな?と思いつつ探すと、すぐに出てきたので、参考にさせて頂きました⭐ 干し椎茸もあったのでプラスしました。 切り干し大根が50gだったので、戻し汁を70ml前後追加、調味料は白だしだけ気持ちプラスして作ってみました。 鈴木美鈴さんの和食系の味付けが、個人的にドンピシャなので、いつも参考にしています⭐ 本日も美味しくできました❤

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    「煮もの」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    鈴木美鈴
    Artist

    鈴木美鈴

    料理研究家。 【著書・盛るだけつめるだけ毎日かんたん作りおきおかず】 Nadia Artist。 料理コンテストにて多数受賞歴あり。 Web、雑誌、企業様、食品メーカー様へレシピ提供、監修、掲載、撮影、 スタイリングコラム、執筆など幅広い活動をさせていただいております。 レシピのコンセプトは、「素材をいかしたココロとカラダにやさしい料理」 だしを使った本格的なレシピから、身近な食材で簡単に作るレシピまで、 幅広いレシピでどなた様にもご対応できるようにさせていただいております

    「料理家」という働き方 Artist History