レシピサイトNadia

    ルウ不使用!【クリームシチュー】のレシピ

    汁物

    ルウ不使用!【クリームシチュー】のレシピ

    お気に入り

    1255

    • 投稿日2022/09/02

    • 調理時間30

    ルウ不使用で作れるクリームシチューの基本のレシピです。 具材は鶏もも肉、じゃがいも、玉ねぎ、牛乳、にんじん、ブロッコリーと栄養満点! 具材に小麦粉を振り入れて炒め、水、牛乳と合わせてトロミをつけていきます。 仕上げに粉チーズでコク増し♪ 具沢山でコク旨なスープが子どもに人気の1品です😊 ※2022.11.11 より作りやすく、追記修正しました。 たくさんのお気に入り保存ありがとうございます。

    材料4人分

    • 鶏もも肉
      1枚(約250g)
    • じゃがいも
      2個(約250g)
    • 玉ねぎ
      1個
    • にんじん
      1/2本
    • ブロッコリー
      1/2株(約150g)
    • バター
      20g
    • 大さじ2
    • 小麦粉
      大さじ4
    • A
      300ml
    • A
      コンソメ顆粒
      大さじ1
    • A
      砂糖
      小さじ1
    • B
      牛乳
      300ml
    • B
      粉チーズ
      大さじ1〜2
    • 好みでタイム(ドライ)
      ふたつまみ
    • 塩コショウ
      少々

    作り方

    ポイント

    •ブロッコリーは冷凍ブロッコリーで代用OKです。 •小麦粉を入れたら具材になじんで粉っぽさがなくなるまで混ぜ合わせてください。 •水を加えて煮込む際は焦げ付きやすいので、途中で数回菜箸で混ぜ合わせてください。 •⑥で10分煮込んでもじゃがいもがまだ固いようなら、火を止めて5分おいてください。 •粉チーズはお好みで増やしてOKです。

    • 1

      鶏もも肉はひと口大に切り、塩コショウをふる。じゃがいもとにんじんはひと口大の乱切りにし、それぞれ耐熱皿にのせてふんわりラップをし、レンジ600wで3〜4分ずつ加熱する。玉ねぎは繊維に垂直に薄切りにする。

      工程写真
    • 2

      ブロッコリーは小房にわけて洗い、耐熱容器に入れてふんわりラップをし、電子レンジ600Wで2分加熱し、ザルにあげる。

      工程写真
    • 3

      鍋に油は引かずに①の鶏肉を皮目を下にして入れて、焼き色がつくまで2分ほど焼いて取り出す。(後から煮込むのて中まで火が通ってなくてもOKです)

      工程写真
    • 4

      ③の鍋の油は拭き取らずにバターを入れて玉ねぎを炒める。しんなりしてきたらにんじんを加えて2分ほど炒め合わせる。酒をふって蓋をし弱火で2分蒸し煮にする。

      工程写真
    • 5

      じゃがいもを入れてサッと炒め合わせたら③の鶏肉を戻して小麦粉をふり、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。

      工程写真
    • 6

      A 水300ml、コンソメ顆粒大さじ1、砂糖小さじ1を加えて蓋をし弱火で約10分煮こむ。(焦げ付き防止に2分おきに菜箸で混ぜ合わせてください)

      工程写真
    • 7

      B 牛乳300ml、粉チーズ大さじ1〜2と好みでタイム(ドライ)を入れて蓋をし、弱火で野菜が柔らかくなるまで煮る。②のブロッコリーを加えて火を止め余熱で5分火を通す。必要であれば塩コショウで味を調える。

      工程写真
    レシピID

    441891

    「鶏もも肉」の基礎

    「玉ねぎ」の基礎

    「じゃがいも」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    クリームシチュー」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    ちおり
    Artist

    ちおり

    北海道札幌市在住。 食べることが大好きな 19歳と15歳、2人の娘の母です。 【著者】 •ちおりの簡単絶品おかず【宝島社】 •ちおりの簡単絶品おかず2【宝島社】 Instagram→@chiori.m.m 働く主婦、子育て中ならではの等身大の料理が人気を呼び、インスタグラムのフォロワーは30万人(2022年10月現在) 主婦目線で、家族から喜ばれ、忙しい女性が助かるレシピ作りがモットー。 おうちにある調味料のひと工夫で、よりおいしくなる料理をお届けしています。 インスタグラムではレシピはもちろん、料理がおいしくなるコツや保存ワザなど、役立つ情報を日々更新中です。

    「料理家」という働き方 Artist History