基本のぬか床

360

2020.04.20

分類調味料

調理時間: 6時間 0分(捨て漬けするまで所要2時間 本漬け出来るまで3日)

ID 389842

がまざわ たかこ

ほっこり おいしい ふるさとごはん。

せっかくトライしたのに美味しくなる前に挫折してしまう人が多いぬか漬け。美味しいぬか漬けのためのぬか床作りは時間と手間暇がかかります。
そんな挫折がないように、すぐに美味しく漬かるように塩昆布を使っているので、手軽にお手製ぬか漬けが楽しめます!!
初めはやや強めの塩味を感じますが、徐々に熟れて旨みや酸味のバランスのよい味わいになります。
味の調整や、メンテナンスなどは基本のぬか漬けをご覧くださいね。
レシピID 389854

    材料(作りやすい分量)
    生ぬか 1.5kg
    A
    あら塩 200g
    A
    7カップ
    鷹の爪 3~5本
    塩昆布 30g
    捨て漬け用野菜(キャベツの外葉、芯、大根など) 適量
    作り方
    Point!
    ぬかは出来るだけ米屋さんなどで売っている新鮮なものをつかうと香りとコクがあり美味しいです。地方であれば、精米したての精米機から無料でもらってくるのも良いと思います。
    生ぬかのまま漬けても良いですが、しっかり煎ることできな粉のような香ばしい香りになりますので、ひと手間ですがぜひ行って下さいね。
    1. 漬け物容器を用意します。
      しっかり洗って乾燥させておきます。
      今回は野田琺瑯のラウンドストッカーホワイトシリーズ を使用しています。(容器はぬかの2~3倍の容量のものが使いやすいです)
    2. 鍋にA

      あら塩 200g、水 7カップ

      を入れて沸騰させ、塩を溶かし完全に冷まします。
    3. その間に生ぬかを煎ります。(煎りぬかを購入した場合はそのままで大丈夫です)
      大きめのフライパンか、中華鍋などにぬかを入れて中火で香ばしい香りがして、ほんのり色づくまで全体的に混ぜながらしっかり煎ります。
      ※焦がさないように気を付けましょう
      容器に移して冷まします。
    4. 塩水と煎りぬかが冷めたら塩水を3回位に分けて加え混ぜ、全体が均一な柔らかさになるまで底からすくうようにしっかりと混ぜます。
    5. ぬかが味噌くらいの柔らかさになるまで混ぜ、ぎゅっと握るとまとまるようになるのが目安です
    6. 鷹の爪と塩昆布を混ぜこみます。
      洗って、しっかり水気を切った捨て漬け用野菜(キャベツの外葉、芯、大根など)を漬けて上からしっかりぬかをかぶせます。
      ※キャベツの葉など薄いものは折りたたむと漬けやすいです。
    7. 中の空気を抜くように拳でぎゅっとプレスするように押し込んで表面をならし、濡らしたキッチンペーパーなどで容器のまわりをきれいにふき取ります。
      蓋をして冷暗所において1日1回、捨て漬け野菜を取り替えながら、まんべんなくぬかをかき混ぜ3日ほど繰り返します。
    12 117
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。