レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

ドイツ風 玉ねぎのキッシュ - ツヴィーベルクーヘン

主食

ドイツ風 玉ねぎのキッシュ - ツヴィーベルクーヘン
  • 投稿日2012/12/21

  • 調理時間80

お気に入りに追加

80

晩夏から初秋にかけて、発酵を始めたばかりの若いワインと共によく食される、玉ねぎたっぷりのキッシュ。日本の食材でもざっくり作れる簡単レシピです。炒めた玉ねぎの深い甘みをご堪能下さい。

材料8人分24cmのタルト型1枚分

  • 薄力粉
    100g
  • 強力粉
    100g
  • 玉ねぎ
    500~600g
  • ベーコン
    90g
  • 小さじ1/4
  • こしょう
    少々
  • キャラウェイシード
    小さじ1
  • A
    牛乳 (※40度位に温める)
    120g
  • A
    ドライイースト
    4g
  • A
    砂糖
    小さじ1
  • B
    バター
    20g
  • B
    大さじ1
  • B
    少々
  • C
    2個
  • C
    サワークリーム
    90g
  • C
    無糖ヨーグルト
    90g

作り方

ポイント

◆玉ねぎがなかなか炒まらないときは、適宜、少量のオイルを足してください。 ◆日本で作りやすいようレシピを調整してあります。 ◆タルト型でなく、スクエア型のオーブン皿などでも作れます。

  • 薄力粉・強力粉を予めふるっておく。

  • 1

    生地作り。 大きめのボウルにA 牛乳 (※40度位に温める)120g、ドライイースト4g、砂糖小さじ1を入れて混ぜ合わせ、ドライイーストを予備発酵させる。 10分置いたら、そこへふるった粉類とB バター20g、油大さじ1、塩少々を入れて混ぜ、なめらかになるまで捏ねる。 ラップをかけ、そのまま室温で40分ほど置いておく。

  • 2

    その間にフィリングを作る。 玉ねぎは薄切りにして電子レンジで加熱する(※600Wで4分程度。ただし炒め時間短縮のためなので無理にしなくてもOK)。 ベーコンは、細切りまたは小さめの角切りにする。

  • 3

    フライパンで油を引かずにベーコンを炒める。 玉ねぎを加え、塩・こしょう・キャラウェイシードを入れて、玉ねぎが薄茶色になるまで炒めて火からおろし、あら熱を取る。 その間に、オーブンを200度に予熱しておく。

  • 4

    1) の生地を軽く捏ね、薄く油を塗ったタルト型に合わせて縁まで広げる。 底の部分をフォークで何箇所か刺したら、3) にC 卵2個、サワークリーム90g、無糖ヨーグルト90gを混ぜ入れて完成させたフィリングを流し入れる。

  • 5

    4) を、オーブン下段にて、200度で45分ほど焼く。

レシピID

100108

「玉ねぎ」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

キッシュ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

庭乃桃
Artist

庭乃桃

料理・食文化研究家 / 女子栄養大学 食生活指導士。 企業向けレシピの開発、スタイリング・撮影、 食関連の書籍・コラムの執筆、翻訳、 セミナーイベントへの登壇、講演など 幅広く活動しています。 ●旬の食材、季節感を大切にしたおかず ●ひと鍋で作れる欧風家庭料理 ●簡単エスニック 大学院でヨーロッパの歴史・文化を専門にし、 現地に在住。日本食が食べたくて 食材や調味料にあれこれ工夫した経験や、 ヨーロッパの家庭料理・郷土料理を学ぶことで 触れた各国の食文化と食への取り組みなど、 レシピにも活かしていけたらと思っています。 2020年、欧州連合(EU)の 食品・飲料プロモーション 「パーフェクトマッチ・キャンペーン」で、 EU食材×日本食材のマッチングによる 季節のオリジナルレシピを開発・監修。

「料理家」という働き方 Artist History