田舎風 里芋の煮っころがし

20

2014.12.08

分類副菜

調理時間: 20分(里芋の皮むき時間のぞく)

ID 121990

庭乃桃

ご飯がすすむおかず と ひとなべ欧風料理のレシピ

定番おかず、里芋の煮っころがし。わが家では、里芋のぬめりをあえて残しながらむっちりと粘り気のある煮っころがしに仕上げます。この方法だと、少なめの調味料でしっかり味がつくのもポイント。里芋のおいしさを思い切り楽しめる一品です♪

    材料

    (作りやすい分量)
    里芋 1kg
    A
    きび糖 大さじ2
    A
    醤油 大さじ1.5杯
    だし汁 2カップ
    みりん 大さじ1/2

    作り方

    ポイント

    ◆ポイントは、里芋の皮を包丁の刃でむかないこと。里芋のぬめりとむっちり感が楽しめる煮っころがしになります。
    ◆最初に調味料を煮詰めながら、里芋に味をからめておきます。少ない調味料でもしっかり味がついて、冷めてもおいしくいただけます。
    公式アプリで献立を作ろう

    レシピを自由に組み合わせて
    あなただけの献立が作れる!

    アプリストアへ

    1. 里芋はざっと泥を洗い流し、皮の部分を包丁の背でこそげるようにして落とす。
      (※皮は包丁の刃でむかないこと。)
      さらに、泥がついていればさっと洗う。
    2. 鍋にA

      きび糖 大さじ2、醤油 大さじ1.5杯

      を入れて煮立て、
      ぶくぶくと泡が立ってきたら里芋を入れる。
      強火で鍋を揺すりながら、全体に味をからめるように煮詰めていく。
    3. 里芋がしっかり色付いたらだし汁を加え、煮立ったら落とし蓋をして
      中弱火で約15分煮る。(※煮る時間はお使いの里芋の大きさによって加減して下さい。)
    4. 里芋に菜箸が刺さるようになったらみりんを回し入れる。
      鍋を揺すり、全体に照りを出したらできあがり。
    48 292

    コメント・感想 Comment

    はるはる1112 さん
    2018.12.12 21:12

    砂糖と醤油を煮たたせてから、里芋を投入するというレシピで作っていて料理人になった気分でした!おいしかったです。

    庭乃桃
    庭乃桃 さん
    2018.12.12 21:04:59

    はるはる1112さん、うれしいコメントありがとうございます^^おいしく召し上がっていただけてよかったです!この作り方だと里芋がとってもおいしく感じますよね♪

    感想をもっと見る(ログイン)

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    このレシピをサイトに埋め込む

    「煮もの 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    アプリで
    見る
    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

    プレミアムサービスとは