レシピサイトNadia
    調味料

    保存版!簡単すぎる電子レンジで作る【万能スイートチリだれ】

    • 投稿日2020/08/03

    • 更新日2020/08/03

    • 調理時間10

    ★【スイートチリソース】 使いきれずに余っていませんか? タレだけのレシピを考えました。 使い切れる分だけ身近な材料で作ります。 ★電子レンジで50秒! 冷蔵庫で1週間作り置き保存可能。 ★エビチリや冷しゃぶにパクチー加えたサラダ、きゅうりを漬けたり、生春巻きのタレ、エスニック冷奴に… 万能に使えるタレです。 ★しょうゆ味の万能中華だれ https://oceans-nadia.com/user/44604/recipe/390329 ★うま味万能中華だれ https://oceans-nadia.com/user/44604/recipe/392629

    材料4人分作りやすい分量

    • にんにく
      1かけ(10g)
    • A
      大さじ3(りんご酢や米酢がおすすめです。ツンとしません。)
    • A
      トマトケチャップ
      大さじ1
    • A
      砂糖
      大さじ1
    • A
      みりん
      大さじ1
    • A
      小さじ1/3
    • A
      味の素®︎
      5振り(5振り=0.5g)
    • A
      タバスコペッパー
      少々(お好みで)
    • 赤唐辛子
      1本

    作り方

    ポイント

    ★にんにくは辛み匂いを和らげるために電子レンジにかけていますが、気になる方はみじん切りにせずに、潰したにんにくを加えて、香りを移すだけにしても大丈夫です。 ★薬味にパクチーや大葉を加えても美味しいです。 ★ラー油はお好みで。 ★味の素®︎5振り=0.5g 食塩相当量は0.015g 鶏がらスープの素小さじ1は食塩相当量1.2gなので、鶏がらスープの素を使うより減塩です。 ★ねぎ塩レモンだれ https://oceans-nadia.com/user/44604/recipe/394910

    • *タレの材料を準備する。 *赤唐辛子は種を取る。 中に刻んで入れる場合は辛くなります。形のまま入れて取り出してもどちらでも。

      工程写真
    • 1

      にんにくは薄皮をむいて、みじん切りにする。

    • 2

      耐熱容器にA 酢大さじ3、トマトケチャップ大さじ1、砂糖大さじ1、みりん大さじ1、塩小さじ1/3、味の素®︎5振り、タバスコペッパー少々の調味料を上から順番に入れて混ぜる。

      工程写真
    • 3

      【1】の耐熱容器ににんにく、赤唐辛子を入れて、電子レンジ〈600W〉で蓋またはラップをせずに50秒加熱する。

      工程写真
    • 4

      出来上がりを熱湯消毒した保存容器に入れる。

      工程写真
    レシピID

    395969

    質問

    作ってみた!

    こんな「たれ」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「にんにく」の基礎

    「作り置き」の基礎

    「調味料」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    あーぴん(道添明子)
    • Artist

    あーぴん(道添明子)

    料理研究家・栄養士

    • 栄養士

    料理研究家・栄養士あーぴんです。 手抜きに見えない時短・カンタン 美味しい・ちょっとお洒落なごはん♪ みんなが笑顔になれる幸せごはん♪ 書籍📕『旬と野菜を愉しむあーぴんの絶品おかず』宝島社 2023年9月発売 🥇2019年Nadia新人賞 🥇Nadia MVP・Nadia動画賞 🥇デルタインターナショナルくるみレシピコンテストグランプリ 🥇十五夜に食べたい!まん丸レシピコンテストグランプリ 🥇ブルグルレシピコンテストグランプリ Nadia以外でもコンテスト多数優勝🥇 企業レシピ多数開発。 大手食品会社にて新製品の企画開発。ロングラン商品を多数開発。企業側に勤務・新製品開発の経験からのレシピ開発、販促パンフなどの制作は得意です。 テレビ局にて料理レシピの開発、系列新聞に掲載。 シルバー大学、地域の料理教室講師。 企業の健康栄養セミナー、企業の健康料理教室。 【健康な体は毎日の食生活から】をモットーに初心者でも作りやすい調理法を工夫して素材を生かしたメニューを開発しています。

    「料理家」という働き方 Artist History