レシピサイトNadia

    卵黄とろりんニラ玉肉味噌混ぜそうめん【レンジニラ肉味噌】

    主食

    卵黄とろりんニラ玉肉味噌混ぜそうめん【レンジニラ肉味噌】

    お気に入り

    172

    • 投稿日2020/08/25

    • 調理時間10

    ★そうめんでニラ肉味噌混ぜそばを作りました! そうめんに味をつけてありますが、肉味噌の具と卵黄で混ぜながらいただきます。 ★レンジでニラ肉味噌を作りました。 調味料混ぜて、まずひき肉に味を付け、ニラを入れて完成です。 ★ニラ肉味噌で作り置きも可能です。 冷蔵庫で4〜5日保存可能です。

    材料2人分

    • そうめん
      3束(150g)
    • 豚ひき肉
      150g
    • A
      にんにく
      1かけ(すりおろす。)
    • A
      しょうが
      1かけ(すりおろす。)
    • A
      大さじ1
    • A
      しょうゆ
      大さじ1
    • A
      ごま油
      大さじ1
    • A
      砂糖
      小さじ2
    • A
      豆板醤
      小さじ1(お好みで。)
    • ニラ
      1/3束(30g)
    • B
      オイスターソース
      大さじ1
    • B
      ごま油
      大さじ1
    • B
      めんつゆ〈3倍濃縮〉
      大さじ1
    • 卵黄
      2個分
    • 青ねぎ
      適量
    • ラー油
      適量(お好みで。)

    作り方

    ポイント

    ★そうめんの他、冷凍うどんを茹でていただいても、レンジしても、茹でてあるチルド麺でも大丈夫です。 ★豆板醤はお好みで調節してくださいね。 ★辛いのが苦手な方は入れなくても大丈夫です。

    • A にんにく1かけ、しょうが1かけ、酒大さじ1、しょうゆ大さじ1、ごま油大さじ1、砂糖小さじ2、豆板醤小さじ1のしょうがとにんにくはすりおろす。 *ニラは細かく刻む。 *青ねぎは小口切り。

    • 1

      耐熱ボウルに豚ひき肉A にんにく1かけ、しょうが1かけ、酒大さじ1、しょうゆ大さじ1、ごま油大さじ1、砂糖小さじ2、豆板醤小さじ1を加えて軽くもみ、電子レンジ(600W)で、蓋またはラップをして1分加熱する。

    • 2

      一度取り出して、ひき肉を箸でほぐして、さらに電子レンジ(600W)で蓋またはラップをして2分加熱する。

    • 3

      ニラを加えて、電子レンジ〈600W〉でふんわりラップをして2分加熱する。 ニラ肉味噌の出来上がり!

    • 4

      そうめんは表示時間通りにゆでて水にさらしてぬめりを取り、氷水でしめて、水気を切り、B オイスターソース大さじ1、ごま油大さじ1、めんつゆ〈3倍濃縮〉大さじ1を合わせておく。

    • 5

      器にそうめんを盛り、肉味噌のせて、卵黄をのせ、青ねぎを散らす。 お好みでラー油を。

      工程写真
    • 6

      卵黄をつぶして混ぜながらいただきます。

      工程写真
    レシピID

    397343

    「そうめん」の基礎

    「にんにく」の基礎

    「にら」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    そうめん」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    あーぴん(道添明子)
    Artist

    あーぴん(道添明子)

    料理研究家・栄養士あーぴんです。 手抜きに見えない時短・カンタン 美味しい・ちょっとお洒落なごはん♪ みんなが笑顔になれる幸せごはん♪ 🥇2019年Nadia新人賞 🥇Nadia MVP 🥇デルタインターナショナルくるみレシピコンテストグランプリ 🥇十五夜に食べたい!まん丸レシピコンテストグランプリ 🥇ブルグルレシピコンテストグランプリ Nadia以外でもコンテスト多数優勝🥇 企業レシピ多数開発。 大手食品会社にて新製品の企画開発。ロングラン商品を多数開発。企業側に勤務・新製品開発の経験からのレシピ開発、販促パンフなどの制作は得意です。 テレビ局にて料理レシピの開発、系列新聞に掲載。 シルバー大学、地域の料理教室講師。 企業の健康栄養セミナー、企業の健康料理教室。 【健康な体は毎日の食生活から】をモットーに初心者でも作りやすい調理法を工夫して素材を生かしたメニューを開発しています。

    「料理家」という働き方 Artist History