もずく酢を使って簡単に!夏野菜とわかめの酢の物

10

2021.07.26

分類副菜

調理時間: 10分

ID 417933

旬食料理研究家 久保 たかひろ

ちょうどいい加減の旬食おうちごはん

私の地元、徳島県の名産品の鳴門わかめが家にたくさんあったので夏野菜ともずく酢のパックを合わせるだけで
簡単にできる酢の物を作りました。味付けはもずく酢の味と、おろし生姜のみです。
もずく酢は味がすでについているので使い勝手が良いです^^

酢は食欲増進効果、疲労回復効果、防腐・静菌効果が期待できます。
夏場の食欲がない時や夏バテの時、温度上昇による食中毒防止など期待できます。
そして酢には脂肪の燃焼を促すアミノ酸も含まれています。
そのため、内臓脂肪の減少を促進する作用や腸内の善玉菌を増やして働きを活性化させる作用により、
ダイエットや便秘にも効果が期待できます^^

    材料

    3人分(写真くらいの盛り付けの量での目安です。)
    トマト 1個
    きゅうり 1本
    わかめ(乾燥) 5g(生わかめなら50g)
    もずく酢 2パック
    生姜 1かけ(親指の第一関節くらいまでの大きさです。)
    ちりめんじゃこ ひとつまみ
    白ごま 小さじ1
    すだち 1/4個(なければ問題ありません)

    作り方

    ポイント

    【わかめの下準備について】
    わかめは乾燥、塩漬け、生の3つあります。
    乾燥わかめは水に浸けて5分くらいで戻ります。
    塩漬けわかめは、流水で洗ったあと、水に5分くらい浸けておくと塩が抜けます。
    生わかめの場合は水でしっかり洗って、お湯にくぐらせて鮮やかな緑色になったら冷水で冷やしてください。
    乾燥わかめが保存が効いて使い勝手は良いですが、おすすめは塩漬けや生わかめを使うと、
    風味が良くて美味しいです。

    【味付けについて】
    味はもずく酢とおろし生姜の味付けのみで、素材の味わいを味わっていただけるためにやさしい味わいにしています。
    3口くらいするとちょうどいい味わいにしていますので、もし薄いっていう方は、醤油を足したり塩をかけてみてください。
    おすすめは、すだちをかけてみてください。塩味を引き立てる役割となり、風味豊かで夏をもっと感じることができます^^
    ちょっとピリ辛にしたい場合は、輪切り唐辛子などを入れてください。
    ごま油を加えるのもおすすめ!お酒のアテにぴったりになります!

    【保存について】
    保存は冷蔵庫で2,3日保存可能です。保存する場合、きゅうりから水分が出てきて味が薄まるので、味は調整してください。
    味が馴染んでくるので味の変化も楽しんでみてください!

    公式アプリで献立を作ろう

    レシピを自由に組み合わせて
    あなただけの献立が作れる!

    アプリストアへ

    1. きゅうりは薄く輪切りに。トマトは1センチ角切りに。
      生姜はおろしておく。わかめ(乾燥)は、たっぷりの水で5分戻す
    2. ボウルに下準備したものと、もずく酢と白ごまを入れて混ぜ合わせる。
    3. 器に盛り付けて、ちりめんじゃこをかけて、切ったすだちを添える。
    0 57

    コメント・感想 Comment

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    このレシピをサイトに埋め込む

    「和え物 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    アプリで
    見る
    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

    プレミアムサービスとは