レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

旨味が詰まったほっこり優しい味♡『白身魚の野菜あんかけ』

主菜

旨味が詰まったほっこり優しい味♡『白身魚の野菜あんかけ』
  • 投稿日2019/12/04

  • 調理時間25

お気に入りに追加

972

野菜あんかけのやさしい旨味と、塩胡椒で味をひきしめた鱈がよく合い、とっても美味しいです♪あんには中華材料を使い旨味を高めつつも、和食に合う味付けとなっています♡

材料4人分

  • 4切れ(お好きな白身魚)
  • 適量
  • 塩胡椒
    適量
  • 片栗粉
    適量
  • サラダ油
    大さじ4
  • 白菜
    80g(1/4カット品の1/2~1/3使用)
  • 人参
    60g(1/3本)
  • 玉ねぎ
    60g(1/4個)
  • しめじ
    30g
  • 400ml~500ml
  • A
    オイスターソース
    大さじ1
  • A
    大さじ1
  • A
    みりん
    大さじ1
  • A
    鶏がらスープの素
    大さじ1/2
  • A
    醤油
    小さじ2
  • B
    片栗粉
    大さじ1
  • B
    大さじ2

作り方

ポイント

工程内記載。

  • フライパンを2つご用意ください。

  • 1

    【鱈の調理】 鱈に塩をふり10分程置く。 ※写真は2切れ分で分量通りじゃなくてすみません。

    工程写真
  • 2

    キッチンペーパーで水気をふき取る。 塩胡椒をふり、片栗粉をまぶし、余分な粉は叩く。

    工程写真
  • 3

    フライパンにサラダ油をひき、鱈を揚げ焼きにする。 片面に焼き色がついたらひっくり返して反対の面も焼き色を付ける。 ※フライパンに鱈を入れたらあまり触らないようにしましょう。 ※ひっくり返すときはフライ返しとお箸を使って 身が崩れないようそっとひっくり返して下さい。

    工程写真
  • 4

    油を切り、器に盛り、野菜あんかけをかける。

  • 5

    【野菜あんかけの調理】 白菜…ざくぎり 人参…細切り 玉ねぎ…スライス しめじ…石突を取り小房に分ける

    工程写真
  • 6

    フライパンに②の食材全てと水を加え、 沸騰したら蓋をして中火で5~6分煮る。 ※水は500mlでやさしい味付け、少し濃いめがお好みの方は400mlで調理してください♩

    工程写真
  • 7

    野菜がしんなりとしたら、A オイスターソース大さじ1、酒大さじ1、みりん大さじ1、鶏がらスープの素大さじ1/2、醤油小さじ2を加え 全体をよくまぜ2~3分煮る。

  • 8

    火を止め、B 片栗粉大さじ1、水大さじ2を混ぜ合わせ水溶き片栗粉を作り、 少量ずつ加えながら全体をよく混ぜとろみをつける。 ※とろみの強さはお好みで調整してください。

  • 9

    【作りやすい順番】 ①鱈に塩をふり10分置いておく ↓ ⑤その間に野菜をきり ↓ ⑥煮る。 ↓ ②煮ている間に鱈に片栗粉をまぶします。 ↓ ③鱈を揚げ焼きにする。 ⑦あんかけに味をつけ少し煮る。 ↓ ⑧あんかけにとろみをつける。 ↓ ④盛り付ける。 ※レシピはごちゃごちゃしないよう、鱈の調理と野菜あんかけの調理にわけて記載しています。 ※上記手順でつくるのが一番無駄がなく時短になると思いますが、 慣れていない方は自分の作りやすい手順で調理して下さい(*^^)♩

レシピID

383280

「玉ねぎ」の基礎

「にんじん」の基礎

「油」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

RINATY(りなてぃ)
Artist

RINATY(りなてぃ)

【著書】 ・「りなてぃの一週間3500円献立」  第8回レシピ本大賞準大賞受賞 ・「りなてぃの一週間3500円献立2」 ・新刊「りなてぃの30分で完成!簡単3品献立」 シリーズ累計85万部突破 (2022年7月現在) 【自己紹介】 1995年生まれ/生まれも育ちも福岡 美味しいもの食べるのも見つけるのも好き! 【調味料のこと】 砂糖は三温糖 使ってます♡ 【レシピ発信の想い】 料理でたくさんの幸せをお届けしたいなと思っております。毎日忙しい中家族の為にお料理を作ってらっしゃる方や大切な人の為においしいお料理を作ってあげたい方。そんな方々に、身近にある食材・どのご家庭にもある調味料で簡単に作れるレシピをお届けします。私のレシピはお洒落な味付けというよりは家庭的で親しみのある味付けのものが多い、簡単・時短・節約レシピです。作る方も食べる方も料理を通してどこか心温まる小さな幸せを感じていただけたら嬉しいです。おいしくできた幸せ、おいしいと喜んでもらえる幸せ、笑顔あふれる食卓の幸せ、お子様と一緒に調理を楽しむ幸せ、そんな心温まる小さな幸せたちを。

「料理家」という働き方 Artist History