レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

黒酢だれが食欲をそそる♪れんこんと豚ひき肉のはさみ焼き

主菜

黒酢だれが食欲をそそる♪れんこんと豚ひき肉のはさみ焼き
  • 投稿日2021/01/24

  • 調理時間30

これが一番美味しいれんこんの食べ方です! 肉だねの中にも刻んだれんこんを入れることで、お肉のジューシーさの中にシャキシャキとした食感が生まれます。 また肉だねに入ったショウガの風味と、甘辛黒酢だれが相性抜群で白ご飯が止まりません! 低コスト&高パフォーマンスな絶品おかずです! 是非、今晩のおかずにいかがでしょうか。

材料4人分18個

  • 玉ねぎ
    1/4個
  • しいたけ
    1個
  • しょうが
    1片
  • れんこん
    300g
  • A
    豚ミンチ
    300g
  • A
    1個
  • A
    片栗粉
    大さじ2
  • A
    黒コショウ
    小さじ1
  • A
    小さじ1
  • A
    料理酒
    大さじ1
  • A
    昆布茶
    小さじ1
  • 片栗粉
    大さじ5
  • B
    料理酒
    大さじ1
  • B
    みりん
    大さじ1
  • B
    濃口醤油
    大さじ1
  • B
    黒酢
    大さじ1
  • B
    砂糖
    大さじ1
  • いりごま
    大さじ1
  • 刻みネギ
    適量

作り方

ポイント

◎れんこんを片栗粉でコーティングすることで、肉だねとの接着が良くなり型くずれを防げます!ただし、れんこんに水気が残っていると、片栗粉の衣がはがれやすくべちゃっとしてしまうので、クッキングペーパーで水分をしっかりふき取りましょう!

  • 1

    【具材の下処理】 ◎ボウルA 玉ねぎ1/4個…みじん切り しいたけ1個…みじん切り しょうが1片…すりおろす れんこんの両端…みじん切り ◎ボウルB れんこん…2mm幅にスライス ※スライスしたれんこんは水にさらす

    工程写真
  • 2

    ボウルAにA 豚ミンチ300g、卵1個、片栗粉大さじ2、黒コショウ小さじ1、塩小さじ1、料理酒大さじ1、昆布茶小さじ1を入れ粘り気が出るまで手でしっかりと混ぜる。

    工程写真
  • 3

    ボウルBのれんこんの水気を切り、クッキングペーパーでれんこんの水分を取る。

    工程写真
  • 4

    バッドに片栗粉大さじ5を入れ、③のれんこんを片栗粉でコーティングする。

    工程写真
  • 5

    ④のれんこんで②の肉だねをはさむ。 ※れんこんが剥がれないようにしっかり押し込んで、おにぎりを握るような手つきで作っていく。れんこんの穴にお肉が入り込む程密着すると、剥がれにくくなります♪

    工程写真
  • 6

    フライパンを強火で熱し油を大さじ3引く。 温まったら、⑤を並べて底面に焼き色がついてきたらひっくり返し、蓋をして中火で蒸し焼きにする(約2~3分)。

    工程写真
  • 7

    3分程経ったら、蓋を開けひっくり返し両面に焼き色がつくまで焼いていく。

    工程写真
  • 8

    ⑦にB 料理酒大さじ1、みりん大さじ1、濃口醤油大さじ1、黒酢大さじ1、砂糖大さじ1を入れよく混ぜ、たれにとろみが出てくるまで煮詰めていく。いりごまを入れ、フライパンを揺すりながらたれと絡ませていく。

    工程写真
  • 9

    お皿に盛り付けて、上から刻みネギをのせる。

    工程写真
レシピID

405575

「玉ねぎ」の基礎

「れんこん」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

つくね」「ハンバーグ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

ゆうだい
Artist

ゆうだい

料理研究家・僧侶。 大学時代は酵素学や食品衛生学を学び、大手金融機関、大手広告会社を経て、現在は様々な巡りあわせで料理研究家兼僧侶になってます。笑 大正生まれの祖母から令和生まれの娘まで、4世代6人家族。 『簡単でありながら、ワンランク上の本格的な美味さ』にこだわり、調味料や素材の味を活かした料理を研究しています。 また、僧侶ならではの精進料理等も随時ご紹介! 【料理ジャンル】 ・和洋中 ・おもてなしメニュー ・晩酌レシピ ・キャンプ飯 ・簡単お菓子 ・娘の離乳食や取り分けご飯 等など、身近な食材・調理アイテムでなんでも作ります。 業務スーパー・コストコ・カルディなどのおすすめアイテムを駆使した料理もお楽しみに!!

「料理家」という働き方 Artist History