レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

おもてなしにも!お野菜が止まらないバーニャカウダ

副菜

おもてなしにも!お野菜が止まらないバーニャカウダ
  • 投稿日2021/03/19

  • 調理時間30

バーニャカウダは、イタリアのピエモンテ州の郷土料理。ピエモンテ州の方言で、バーニャはソース、カウダは温かいという意味です。寒い冬でもお野菜をいっぱい食べられるようにと考えられた料理と言われています。

材料2人分バーニャカウダポットたっぷり2個分

  • にんにく
    1玉
  • A
    アンチョビ
    45g
  • A
    EX・ヴァージン・オリーブ油
    100ml
  • 生クリーム
    100ml
  • B
    牛乳
    150ml
  • B
    150ml
  • お好みの野菜
    適量(パプリカ、セロリ、プチトマト、サツマイモ、ベビーコーン、赤カブ、にんじんなどお好みで)

作り方

ポイント

・にんにくを牛乳とお水で煮て、にんにくの臭みを消しています。牛乳と水の量は、にんにくが隠れるくらいの量です。足りない場合は、牛乳と水を足してくださいね。牛乳が吹きこぼれやすくなっているため、注意してください。 ・オリーブオイルの香りを損なわないように、火にかける際はぐつぐつし過ぎないようにしてくださいね。 ・ブレンダーがあれば、一気に混ぜて時短になりますが、ブレンダーをお持ちでない場合は、ポテトマッシャーなどでにんにくをつぶして混ぜて頂ければ大丈夫です。 ・ピンクペッパーがあれば、バーニャカウダポットに入れたソースに散らすと、見た目も華やかになります。

  • にんにくは皮をむいて、大きいものは半分にカットする。

  • 1

    小鍋にB 牛乳150ml、水150mlとにんにくを入れて、約20分弱火でコトコト煮る。にんにくが柔らかくなったら火を止め、にんにくを取りだし、煮汁は捨てる。

    工程写真
  • 2

    ブレンダーににんにく、A アンチョビ45g、EX・ヴァージン・オリーブ油100mlを入れて、攪拌する。

    工程写真
  • 3

    にんにく、アンチョビがつぶれて写真のように全体が混ざったら、小鍋に移し、生クリームを加える。

    工程写真
  • 4

    工程3のソースを混ぜながら弱火にかけ、全体が均一に混ざったら、火を止める。

    工程写真
  • 5

    お好みの野菜を器に盛り、工程4のバーニャカウダソースをバーニャカウダポットに入れて、キャンドルで温めながら頂く。

レシピID

407666

「にんにく」の基礎

「にんじん」の基礎

「セロリ」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

バーニャカウダ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

富岡清美
Artist

富岡清美

世田谷区でイタリア料理&テーブルコーディネート教室「しあわせイタリアン」主宰。料理研究家。FSPJテーブルコーディネートスクール認定サロン。 OLの傍ら、イタリア料理研究家に師事し、アシスタントを経てイタリア料理教室で講師を務める。同時期、祐成陽子クッキングアートセミナーにてフードコーディネーター養成コースを修了、フードコーディネーターの資格を取得。 その後、妊娠、出産を経て、自宅サロンでのお料理教室「しあわせイタリアン」をスタート。 2020年には、野菜ソムリエ、アンチエイジングフードマイスターの資格を取得。テーブルウェアフェスティバル2021入選。 “食べて美しく健康になるイタリアン”を提案。 料理を通してたくさんの人を幸せに!そんな思いで「しあわせイタリアン」の活動をしています。 他の食の資格:利酒師、メディカルハーブコーディネーター、食空間プランナーなど

「料理家」という働き方 Artist History