おもてなしにも!お野菜が止まらないバーニャカウダ

30

2021.03.19

分類副菜

調理時間: 30分

ID 407666

富岡清美

しあわせイタリアン~食べて美しく健康に~

バーニャカウダは、イタリアのピエモンテ州の郷土料理。ピエモンテ州の方言で、バーニャはソース、カウダは温かいという意味です。寒い冬でもお野菜をいっぱい食べられるようにと考えられた料理と言われています。

    材料2人分(バーニャカウダポットたっぷり2個分)
    にんにく 1玉
    A
    アンチョビ 45g
    A
    EX・ヴァージン・オリーブ油 100ml
    生クリーム 100ml
    B
    牛乳 150ml
    B
    150ml
    お好みの野菜 適量(パプリカ、セロリ、プチトマト、サツマイモ、ベビーコーン、赤カブ、にんじんなどお好みで)
    作り方
    Point!
    ・にんにくを牛乳とお水で煮て、にんにくの臭みを消しています。牛乳と水の量は、にんにくが隠れるくらいの量です。足りない場合は、牛乳と水を足してくださいね。牛乳が吹きこぼれやすくなっているため、注意してください。

    ・オリーブオイルの香りを損なわないように、火にかける際はぐつぐつし過ぎないようにしてくださいね。

    ・ブレンダーがあれば、一気に混ぜて時短になりますが、ブレンダーをお持ちでない場合は、ポテトマッシャーなどでにんにくをつぶして混ぜて頂ければ大丈夫です。

    ・ピンクペッパーがあれば、バーニャカウダポットに入れたソースに散らすと、見た目も華やかになります。
    1. にんにくは皮をむいて、大きいものは半分にカットする。
    2. 小鍋にB

      牛乳 150ml、水 150ml

      とにんにくを入れて、約20分弱火でコトコト煮る。にんにくが柔らかくなったら火を止め、にんにくを取りだし、煮汁は捨てる。
    3. ブレンダーににんにく、A

      アンチョビ 45g、EX・ヴァージン・オリーブ油 100ml

      を入れて、攪拌する。
    4. にんにく、アンチョビがつぶれて写真のように全体が混ざったら、小鍋に移し、生クリームを加える。
    5. 工程3のソースを混ぜながら弱火にかけ、全体が均一に混ざったら、火を止める。
    6. お好みの野菜を器に盛り、工程4のバーニャカウダソースをバーニャカウダポットに入れて、キャンドルで温めながら頂く。
    4 51
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「バーニャカウダ 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。