レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

基本の雑煮(あご煮干しだし)

汁物

基本の雑煮(あご煮干しだし)
  • 投稿日2018/12/25

  • 調理時間25

お気に入りに追加

81

あご煮干しだしを使用した九州風の雑煮です。 あご煮干しだしの香ばしさとブリのうまみを効かせました。 ブリの代わりに鶏肉などを使用してもおいしく作れます。

材料2人分

  • ヤマキ単一素材削りぶし あご煮干削り
    15g
  • もち(あれば丸もち)
    2個
  • ブリ(切身)
    1切
  • しいたけ
    2本
  • にんじん
    小1/4本
  • 赤かまぼこ
    40g
  • 小松菜
    適量
  • 3カップ
  • A
    しょうゆ
    大さじ1と1/2
  • A
    小さじ1/4

作り方

ポイント

・あご煮干しだしは沸騰させるとにごった仕上がりになり酸味が際立ってしまうので優しく煮て味を出してください。 ・ブリは一度熱湯をかける(霜降り)にすることで臭みがとれてより上品に仕上がります。 ・葉物野菜はかぶの葉や菜の花などでも代用OKです。

  • ブリは沸騰した湯を回しかけ、冷水にとる。キッチンペーパーで水分をふきとり、4等分に切る。 しいたけは表面に切り込みを入れ、石づきの固い部分だけとって軸の部分は半分に切る。皮をむいたにんじんは1cm弱の厚さに輪切りにし、梅型に切り込みを入れる(輪切りのままでもOK)。かまぼこは1cm弱の厚さに切る。小松菜はさっと塩茹でし、冷水にとり、水分をしぼったら3〜4cm幅に切る。

    工程写真
  • 1

    鍋に水を入れ、ひと煮立ちさせる。ヤマキ 単一素材削りぶし あご煮干削りを入れ、弱火で2分ほど加熱してザルにこして、鍋に戻し入れる。

    工程写真
  • 2

    A しょうゆ大さじ1と1/2、塩小さじ1/4、ブリ、にんじん、しいたけとしいたけの軸を加えて、弱火で10分ほど煮る。オーブントースターでもちが膨らむまで加熱し、煮た具材、かまぼこ、小松菜、もちと一緒に器にバランスよく盛り付ける。お好みで千切りにしたゆずの皮(分量外:少々)を添える。

    工程写真
レシピID

368013

「しいたけ」の基礎

「にんじん」の基礎

「ぶり」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

高橋 善郎
Artist

高橋 善郎

1988年神奈川県生まれ。 和食料理人である父の影響で、幼少期から実家の店舗で料理の基礎を学ぶ。調理師免許、きき酒師、ソムリエ(ANSA)、ジュニア野菜ソムリエなど食に関する資格を有し、きき酒師の上位資格である日本酒学講師を史上最年少で合格。 素材の持ち味を活かした和食をベースに、エスニックからイタリアン、オーガニックと幅広いジャンルを得意とする。 2015年からは農林水産省・JICAの共催事業にも参画し、国内外で日本食・食文化を発信している。 スポーツをこよなく愛し、2016年6月に行われたトライアスロンの大会では年代別準優勝。「食 × スポーツ」を普及する活動も精力的に行っている。 【著書】 「燃やすおかず つくりおき」(学研) 「魔法のココナッツオイル(e-Mook)」(宝島社) 「イケ麺レシピ103」(エイ出版社) 「BRUNO(ブルーノ)の絶賛ホットプレートごはん」(宝島社) 「ココナッツオイルで健康になる! (TJMOOK) 」(宝島社) 「いつもの小麦が不調の原因!グルテンフリー入門 (TJMOOK) 」(宝島社) 【保有資格】 日本酒学講師 / 唎酒師(ききさけし) / ソムリエ(ANSA) / ビアアドバイザー / おさかなマイスター / ジュニア野菜ソムリエ / ジュニアアスリートフードマイスター / 調理師免許 /食品衛生責任者

ヤマキ様 スポンサーパネルレシピ
「料理家」という働き方 Artist History