基本の雑煮(あご煮干しだし)

25

2018.12.25

分類汁物

調理時間: 25分

ID 368013

高橋 善郎

NO COOKING NO LIFE.

あご煮干しだしを使用した九州風の雑煮です。

あご煮干しだしの香ばしさとブリのうまみを効かせました。
ブリの代わりに鶏肉などを使用してもおいしく作れます。

ヤマキ株式会社
材料2人分
ヤマキ単一素材削りぶし あご煮干削り 15g
もち(あれば丸もち) 2個
ブリ(切身) 1切
しいたけ 2本
にんじん 小1/4本
赤かまぼこ 40g
小松菜 適量
3カップ
A
しょうゆ 大さじ1と1/2
A
小さじ1/4
作り方
Point!
・あご煮干しだしは沸騰させるとにごった仕上がりになり酸味が際立ってしまうので優しく煮て味を出してください。
・ブリは一度熱湯をかける(霜降り)にすることで臭みがとれてより上品に仕上がります。
・葉物野菜はかぶの葉や菜の花などでも代用OKです。
  1. ブリは沸騰した湯を回しかけ、冷水にとる。キッチンペーパーで水分をふきとり、4等分に切る。
    しいたけは表面に切り込みを入れ、石づきの固い部分だけとって軸の部分は半分に切る。皮をむいたにんじんは1cm弱の厚さに輪切りにし、梅型に切り込みを入れる(輪切りのままでもOK)。かまぼこは1cm弱の厚さに切る。小松菜はさっと塩茹でし、冷水にとり、水分をしぼったら3〜4cm幅に切る。
  2. 鍋に水を入れ、ひと煮立ちさせる。ヤマキ 単一素材削りぶし あご煮干削りを入れ、弱火で2分ほど加熱してザルにこして、鍋に戻し入れる。
  3. A

    しょうゆ 大さじ1と1/2、塩 小さじ1/4

    、ブリ、にんじん、しいたけとしいたけの軸を加えて、弱火で10分ほど煮る。オーブントースターでもちが膨らむまで加熱し、煮た具材、かまぼこ、小松菜、もちと一緒に器にバランスよく盛り付ける。お好みで千切りにしたゆずの皮(分量外:少々)を添える。
13 67
コメント・感想 Comment
このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

つくメモ

<つくメモって?>
あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

お気に入り度

アプリでお気に入りを保存しよう!

アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

Nadia公式アプリをダウンロード

このレシピをサイトに埋め込む

「ヤマキ 」に関するレシピ

関連コラム article

まずは3ヶ月無料でお試し!

※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

プレミアムサービスとは