レシピサイトNadia
    汁物

    炊飯器に入れるだけ♡『鶏とじゃがいもの和風トマトポトフ』

    • 投稿日2020/10/21

    • 更新日2020/10/21

    • 調理時間70

    炊飯器のスイッチ押すだけの食べるスープです♪ この1品だけで十分満足感があります(^^)/ トマト味のポトフ風で、和のテイストを加えた1品になってます! 炊飯器で具材をしっかりと煮込むのでスッとお箸が入り、 また食材のうま味の溶け出したスープも楽しめます♡

    材料3人分

    • 鶏もも肉
      1枚(400g)
    • じゃがいも
      4個
    • 白菜
      1/4カット
    • しめじ
      1/2パック(100g)
    • 生姜スライス
      4枚ほど
    • A
      カットトマト缶
      1缶
    • A
      めんつゆ
      大さじ4(2倍濃縮)
    • A
      酒・みりん
      各大さじ2
    • A
      砂糖
      大さじ1
    • A
      味の素®
      4~5ふり
    • 刻みネギ
      お好みで

    作り方

    ポイント

    ◆うま味調味料を加えることで、食材のうま味を引き立てるだけでなく、トマト独特の酸味もまろやかにできまとまりのある味に仕上がります。 ◆じゃがいもは大きめに切ってください。(小さいものなら2等分にするなどご調整下さい)

    • 生姜を1~2mm幅で4枚スライスする。 チューブだったら小さじ1くらいで。

      工程写真
    • 1

      鶏もも肉は食べやすい大きさに切る。 じゃがいもは皮を剥き、3等分に切る。 白菜は2㎝幅に切る。 しめじは石突を取り小房に分ける。

      工程写真
    • 2

      炊飯ジャーにA カットトマト缶1缶、めんつゆ大さじ4、酒・みりん各大さじ2、砂糖大さじ1、味の素®4~5ふりを入れよく混ぜる。

      工程写真
    • 3

      生姜スライス、じゃがいも、鶏肉を加える。 上から白菜の茎、しめじ、白菜の葉の順に加え、 炊き込みモードで炊飯する。

      工程写真
    • 4

      炊飯が終わったら器に盛り、お好みで刻みネギを散らす。

      工程写真
    レシピID

    400360

    質問

    作ってみた!

    • hiro★
      hiro★

      2023/10/07 19:37

      白菜→キャベツに、しめじ→エリンギに変えて作りました。前日にそのまま食べて、翌日にご飯にかけてチーズと一緒に焼きました。チーズにも合って、美味しかったです。

    こんな「ポトフ」のレシピもおすすめ!

    このレシピが入っているレシピまとめ

    関連キーワード

    「じゃがいも」の基礎

    「しめじ」の基礎

    「ネギ」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    RINATY(りなてぃ)
    • Artist

    RINATY(りなてぃ)

    料理家・料理インスタグラマー

    • 栄養士

    【自己紹介】 1995年生まれ/生まれも育ちも福岡 美味しいもの食べるのも見つけるのも好き! 2023年7月、Instagramのフォロワーさんが60万人を超えました! みなさん、いつもありがとうございます♪ 【著書】 『りなてぃの一週間3500円献立』(宝島社)★第8回料理レシピ本大賞・準大賞を受賞! 『りなてぃの一週間3500円献立2』(宝島社) 『りなてぃの30分で完成!簡単3品献立』(宝島社) 『2品だからうまくいく!#りなてぃ流2品献立』(宝島社) シリーズ累計発行部数は100万部を突破(2023年1月時点) 【レシピ発信の想い】 料理でたくさんの幸せをお届けしたいなと思っております。毎日忙しい中家族の為にお料理を作ってらっしゃる方や大切な人の為においしいお料理を作ってあげたい方。そんな方々に、身近にある食材・どのご家庭にもある調味料で簡単に作れるレシピをお届けします。私のレシピはお洒落な味付けというよりは家庭的で親しみのある味付けのものが多い、簡単・時短・節約レシピです。作る方も食べる方も料理を通してどこか心温まる小さな幸せを感じていただけたら嬉しいです。おいしくできた幸せ、おいしいと喜んでもらえる幸せ、笑顔あふれる食卓の幸せ、お子様と一緒に調理を楽しむ幸せ、そんな心温まる小さな幸せたちを。

    「料理家」という働き方 Artist History