レシピサイトNadia
    主食

    ステーキサラダ エスニック風

    • 投稿日2017/06/24

    • 更新日2017/06/24

    • 調理時間15(ステーキを常温で戻す時間を除く)

    パクチー、ステーキを使ったシンプルなエスニックサラダです。 ナンプラーは使わず、レモン、とうがらし、にんにく、カレー粉を効かせたシンプルかつ特殊な調味料がなくても作れます。 ◆WEBで通える料理教室 https://www.youtube.com/channel/UCJYkncbjfGEuao0nRa0zW9w

    材料2人分

    • ステーキ用牛肉
      1枚(200g)
    • パクチー
      1袋(30g)
    • 玉ねぎ
      1/2個
    • レモン
      1/2個
    • ミニトマト
      10個
    • アーモンド
      15g(粗めにくだく)
    • A
      オリーブオイル
      大さじ2
    • A
      とうがらし(種抜き/輪切り)
      2本分
    • A
      にんにく(みじん切り)
      1片分
    • A
      塩、粗挽き黒こしょう、カレー粉
      各小さじ1/4

    作り方

    ポイント

    《POINT》 ・国産レモンではない場合はしぼり汁だけをお使いいただくのがオススメです。 ・ステーキの焼き加減は、基本的には中火〜強火であれば片面1分が目安です。アルミホイルで包んで予熱で火を通す方法もありますが、火が通りすぎるのでないほうがオススメです。(ウェルダンくらいで仕上げたい方はくるんでもOK) 

    • ・ステーキ用牛肉は焼く30分前くらいから冷蔵庫から出しておく。脂身の部分が多ければ包丁で筋切りをする。(冷たいままだと中まで温まりづらくなる) ・ボールにA オリーブオイル大さじ2、とうがらし(種抜き/輪切り)2本分、にんにく(みじん切り)1片分、塩、粗挽き黒こしょう、カレー粉各小さじ1/4を入れ、レモンを搾り、混ぜ合わせる。(国産レモンの場合はしぼったレモンもそのまま加える。) ・パクチーはじくを切り落とし、ざく切りにする。玉ねぎは薄切りにし、10分ほど水にさらし、ザルにあけ、水気を切る。

    • 1

      牛肉の両面に塩、粗挽き黒こしょう(分量外:適量(肉の重量に対して約1%くらい))をふる。

    • 2

      温めたフライパンにオリーブオイル(分量外:少々)をぬり、強火で温める。1を入れたら中火〜強火にし、片面を1分ほど焼く。

    • 3

      裏返したら、ミニトマトを加えて、同様の火加減で約1分焼く。まな板に移し、3〜5分ほど予熱で火を通してから食べやすい大きさにカットする。(レアで召し上がりたい場合は予熱はせず切る)

    • 4

      Aに3、パクチー、玉ねぎを入れ、和える。器に盛り付け、アーモンドをちらす。

    レシピID

    170159

    質問

    作ってみた!

    「カレー」の基本レシピ・作り方

    こんな「サラダ」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「にんにく」の基礎

    「パクチー」の基礎

    「レモン」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    高橋 善郎
    • Artist

    高橋 善郎

    料理研究家・トライアスリート

    • 調理師
    • 食品衛生責任者
    • 野菜ソムリエ
    • ソムリエ(ANSA)
    • 日本酒学講師
    • 唎酒師

    1988年神奈川県川崎市生まれ 和食料理人である父の影響で、幼少期から実家の店舗で料理の基礎を学ぶ。 専修大学法学部 法律学科を卒業後、日本食研(株)に営業職として入社。 退職後は和食料理店での店長勤務を経て、フードコーディネーター養成スクールを卒業後、料理研究家として独立。 調理師免許、きき酒師、ソムリエ(ANSA)、野菜ソムリエなど食に関する資格を9個保有し、きき酒師の上位資格である日本酒学講師を当時史上最年少で合格。 素材の持ち味を活かした和食をベースに、エスニックからイタリアン、 オーガニックと幅広いジャンルを得意とする。 2015年には農林水産省・JICAの共催事業にも参画。 日本在住の外国人をはじめ、フランス、パラグアイ、バングラディシュ、セルビアなど、国外でも日本食・食文化を発信している。 また、スポーツをこよなく愛し、トライアスロンの国内大会では年代別で優勝するほどの実力。 2018年6月に行われた「第2回 鞆の浦トライアスロン」で年代別優勝を果たし、2018年 オーストラリア ゴールドコースト、2019年 スイス ローザンヌで行われた世界選手権にも2年連続でエイジグループ日本代表として出場。 2020年9月 カナダ エドモントンで行われる世界選手権の出場権も獲得している。(※新型コロナウイルスの影響により中止) 走る料理家として、スポーツメーカーやスポーツ・健康雑誌とのタイアップも多く手がけ、「食 ✕ 健康 ✕ スポーツ」を普及する活動も精力的に行っている。 そして、アスリートとしての実績が評価され2020年 東京パラリンピックパラ卓球ナショナルチーム 公認アスリートフードコーチに就任し選手をサポート。 2022年2月には第一子(男の子)が産まれ子育てに奮闘中。 【著書】 ・ソムリエ×料理人が家飲み用に本気で考えた おうちペアリング(主婦の友社・共著) ・遅く帰った日のきちんと小鍋(エイ出版社) ・「燃やすおかず つくりおき」(学研) ・「魔法のココナッツオイル(e-Mook)」(宝島社) ・「イケ麺レシピ103」(エイ出版社) ・「BRUNO(ブルーノ)の絶賛ホットプレートごはん」(宝島社) ・「ココナッツオイルで健康になる! (TJMOOK) 」(宝島社) ・「いつもの小麦が不調の原因!グルテンフリー入門 」(宝島社)   etc 【保有資格】 日本酒学講師 / 唎酒師(ききさけし) / ソムリエ(ANSA) / ビアアドバイザー / おさかなマイスター / ジュニア野菜ソムリエ / ジュニアアスリートフードマイスター / 調理師免許 /食品衛生責任者 【レシピ開発】 水産庁さま / 味の素株式会社 / フジッコ株式会社 / キリンビール株式会社 / ヤマキ株式会社 / 株式会社神戸屋 / 株式会社永谷園 / マルハニチロ株式会社 / ひかり味噌株式会社 / 白鶴酒造株式会社 / マルコメ株式会社 / テーブルマーク株式会社 / オタフクソース株式会社 / マルサンアイ株式会社 / カリフォルニア・レーズン協会 / スポーツクラブNAS / ノリタケ / 宮崎経済連 / 日清食品チルド株式会社 / サンマルコ食品株式会社 / 一正蒲鉾   etc 【メディア】 NHK あさイチ / NHK ひるまえほっと / テレビ東京「なないろ日和!」 / テレビ東京「よじごじDays」 / 日本テレビ ヒルナンデス! / 日本テレビ ZIP! / TOKYO MX 「日曜はカラフル!!!」 / テレビ朝日「クリームシチューのハナタカ!優越館」 / フジテレビ 良かれと思って! / テレビ朝日 グッドモーニング! / 東海テレビ スイッチ!    etc

    「料理家」という働き方 Artist History