レシピサイトNadia
    調味料

    『自家製トマトソース』ピザやトマト煮込みなど活用いろいろ♩

    • 投稿日2014/03/03

    • 更新日2014/03/03

    • 調理時間40

    みじん切りの香味野菜をじっくり炒めて甘みと旨みを引き出した、我が家の定番トマトソース。 トマト缶の水分を煮飛ばすことで、酸味のカドがとれて濃厚な味わいに♩ ピザ用ソースの代わりや、トマト煮込み、ミネストローネなど、さまざまな洋食メニューに活用できます。 自家製トマトソースを使ったレシピもいくつか公開しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね^^

    材料作りやすい量

    • 玉ねぎ
      1/2個(100g)
    • にんじん
      1/5本(30〜40g)
    • セロリ
      1/5本(20g)(なくてもOK)
    • ひとつまみ
    • オリーブオイル
      大さじ2(サラダ油でも代用可)
    • A
      ホールトマト缶
      1缶(400g)
    • A
      ローリエ(あれば)
      1枚

    作り方

    ポイント

    ▪️出来上がったトマトソースの量は約300gほどです。 ▪️香味野菜は弱火でじっくり炒め、野菜の甘みと旨みを引き出します。 ▪️トマト缶はホール、カット、お好みで。ホールの場合はよく潰してから煮てください。

    • ▪️玉ねぎ、にんじん、セロリはすべてみじん切りにする。

    • 1

      鍋にオリーブオイルとみじん切りの野菜、塩を入れて中火にかける。ジューという音がしてきたら、強めの弱火で10分ほど火を入れる。(あまり触らず、焦げないようにときどきへらで混ぜながらゆっくり火を入れていく) ※炒め終わりの目安は、写真のように野菜の水分が抜けて、しんなりした状態 ※焦げそうな場合は火加減を調節してください

      工程写真
    • 2

      A ホールトマト缶1缶(400g)、ローリエ(あれば)1枚を加え、弱めの中火で15〜20分煮る。ときどきヘラで混ぜながらトマトの水分を飛ばすように煮詰める。(蓋はしない)

      工程写真
    • 3

      出来上がったトマトソースは、程よく煮詰まってとろりと濃厚な仕上がりです♩ 塩分は料理に合わせて調節してください。

      工程写真
    レシピID

    113964

    質問

    作ってみた!

    • しろーと
      しろーと

      2024/04/28 22:43

      Nadia初投稿です! ニンジンがなくてセロリとたまねぎをその分少し増やし、アレンジで白ワインも入れて作っておりました。 セロリが香ばしくて、いろんなものにも使えそうで便利で美味しいトマトソースでした。 私はいわしを煮込みましたが、魚を煮込む場合は恐らくこのトマトソースの塩は等倍で入れて、魚の臭みは白ワインなんかでとるとちょうどいい塩味になる気がします。 次回また作ってみて追記します、レシピ投稿ありがとうございます! 2024.5.8追記 今度はにんじんの他、レシピにはないコンソメも入れた上で3倍の分量で作って、3分の1は保存して別用途に、残りで鯖を煮込みました。 鯖を白ワインでしめて、レシピのトマトソースは塩を分量通り入れて適宜調整して美味しく塩味もいい感じで出来ました。 恐らくレシピの分量のトマトソースで、さばの切り身2切れ(味噌煮用に切られているサイズ。だいたいこれで半身かと)は作れるはずです。 ごちそうさまでした!

    「トマト煮」の基本レシピ・作り方

    こんな「ソース」のレシピもおすすめ!

    このレシピが入っているコラム

    関連キーワード

    「作り置き」の基礎

    「玉ねぎ」の基礎

    「にんじん」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    tomoko
    • Artist

    tomoko

    料理家

    【野菜が好きになる♪栄養満点レシピ】 \食べ盛りの子どもたちに/ 体に優しい!野菜とお肉の満腹おかず🍚🥢 気づいたら野菜好き♪苦手野菜の克服にも✨ ---プロフィール--- 息子(10才)と娘(6才)の母。愛知県在住。 2014年からNadia artist として活動を始める。 『父の日の、スタミナ肉レシピコンテスト』にてグランプリ受賞、monthly MVP で編集部賞受賞。 Naidaコラム執筆や企業のレシピ開発、レシピ本(Nadia magazine、なつかし洋食 あかぬけ中華 一生好きな町中華等)への掲載など。 大好きな野菜を毎日飽きずに美味しく、家族にまた食べたい!と言ってもらえるようなレシピをInstagramやブログで発信中。

    「料理家」という働き方 Artist History