つくりおき常備菜*きんぴらごぼう

10

2019.09.10

分類副菜

調理時間: 10分

ID 379433

藤本マキ

簡単ヘルシー幸せごはん。

和食の定番副菜のきんぴらごぼうです。
各ご家庭でお好みの味付け、作り方があると思いますが、今回は改めて切り方や炒める時、出来るだけ日持ちする保存のコツ等を載せましたので、良かったら参考にして下さい。

    材料(作りやすい分量)
    ごぼう 1本(200g)
    人参 50g
    赤唐辛子(輪切り) お好みで(約1本分)
    A
    醤油、きび砂糖 各大さじ1と2/3
    A
    大さじ1
    いりごま 適量
    サラダ油 適量(約大さじ1)
    作り方
    Point!
    *ごぼうの灰汁抜きは短い時間でOKです。(白く仕上げるわけではないため)
    *ささがきは、少し太めのほうが美味しいです。まな板にごぼうを置き、左手でごぼうを回すようにし、右手は包丁を少し寝かし気味の角度削いでいってください。力が入らずやりにくい場合は、ボウル等を流し場に置き、上から落とすようにすると力を入れやすいです。

    *人参はささがきに合わせ、マッチ棒より少し太いくらいの千切りがお勧めです(薄いささがきの場合は、人参も細めがバランス良く見えます)。

    *炒める時は短時間で手早く炒めて下さい。

    *保存容器には冷めてから入れると、より日持ちがします。
    1. ごぼうは包丁の背で皮をこそげ落とし、縦に切込みを入れて太めのささがきにする。水に5~10分程漬けたらザルにあげて水気を切る。
      人参は細切りにする。
    2. フライパンにサラダ油を中火で熱し、赤唐辛子(輪切り)を軽く炒め、ごぼうと人参を加え、しんなりする程度まで手早く炒める。
    3. A

      醤油、きび砂糖 各大さじ1と2/3、酒 大さじ1

      を加え、汁気が殆どなくなるまで炒める。
      器に盛り、いりごまをふる。
    25 448
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「きんぴらごぼう 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。