皮パリッ!チキンのディアボラ風

15

2019.09.20

分類主菜

調理時間: 15分(マリネの時間、付け合わせの時間を除く)

ID 378406

松尾絢子(ちきむん)

料理研究家、テーブルコーディネーター

ディアボラとはイタリア語で「悪魔の」という意味です。鶏肉が悪魔のマントを広げたように見えるところからそう言われています。皮がパリッとさせる焼き方にポイントあり!お家でパリパリの鶏肉をお楽しみください。

材料

2人分(鶏もも肉1枚分)
鶏もも肉 1枚
カボチャ スライス4~6枚
A
オリーブオイル 大2
A
レモン汁 大1
A
小2
A
胡椒 少々
紫キャベツ 3枚ほど
少々
サラダ油 少々
人参 1/3本
フレンチドレッシング 適宜

作り方

ポイント

ボウルに水を入れてプレスすることにより、水温で鶏肉に火が入りにくくなります。水の重さでプレスされ、皮がパリッとしながらもジューシーな仕上がりになりますよ!レモン果汁でマリネすることによりサッパリと肉の脂を中和してくれます。
  1. 鶏もも肉は余計な脂を取り除く
  2. A

    オリーブオイル 大2、レモン汁 大1、塩 小2、胡椒 少々

    を混ぜ合わせ、鶏もも肉、カボチャをマリネする。
    (15分~程度)
  3. フライパンを加熱し、鶏もも肉は皮目を下に。間にカボチャを焼く。
  4. 鶏もも肉の上にアルミホイルをのせ、ボウルに水を入れたもので上からプレスする。
    (弱火調理)
  5. 鶏もも肉はそのまま7~8分ほどプレス焼き。
    カボチャは途中でひっくり返しながら中まで火を入れる。
    皮がパリッとなっていたらひっくり返し、中まで火を通す。(皮目で8分ほど火が入っているので、肉の面はあまり長い時間焼かない)
  6. 余計な脂を取りつつ肉に火を入れる。
  7. お好みの付け合わせを添える。
    ●紫キャベツをサラダ油でいため塩で調味する
    ●人参は細切りし、フレンチドレッシングで和える
    など
6 129

コメント・感想 Comment

このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

つくメモ

<つくメモって?>
あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

※つくメモは順次アプリのみのサービスに移行します。詳しくはこちら。

お気に入り度

レシピの関連キーワード Keywords

チキンソテー チキン マリネ レモン かぼちゃ こしょう にんじん キャベツ ハロウィン パーティー フライパン アルミホイル ドレッシング オリーブオイル イタリア料理 サラダ油 鶏肉 鶏もも肉

このレシピをサイトに埋め込む

関連コラム article

まずは3ヶ月無料でお試し!

※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

プレミアムサービスとは