魚貝つみれと豆腐の石狩鍋

30

2020.11.04

分類主食

調理時間: 30分

ID 396565

高橋 善郎

NO COOKING NO LIFE.

豆腐、魚貝つみれ、油揚げをメイン具材にした簡単石狩鍋。

今回はサーモン、たこ、ホタテをつみれ状にして煮込んでいるので、
骨を取ったり殻をむいたりしないで食べられます。
〆はごはんにチーズをのせてみそチーズリゾットがオススメ。
子どもと一緒に作るのも◎!

株式会社アサヒコの昔あげ

材料

4人分
やわらか鍋豆腐 1丁
昔あげ 1袋(2枚)
サーモン 1切
たこ 80g
ベビーホタテ 80g
水菜 80g
長ねぎ 1本
しめじ 1袋(120g)
にんじん 1/2本
A
鶏ひき肉 250g(むね肉を使用)
A
片栗粉 大さじ2
A
小さじ2
B
700ml
B
みそ 100g
B
しょうゆ 小さじ1

作り方

ポイント

●アサヒコさんの絹ごし豆腐は大豆の香りはしっかりするのになめらかな食感なので他の食材と一緒に煮ても豆腐の美味しさが感じられます。昔あげはアク抜きせずに使えて他の食材のうまみを吸ってさらにおいしくなるので鍋料理にはぜひ。
●魚貝の味が際立つようにひき肉の種類は鶏むね肉がおすすめです。サーモンの代わりに海老など他の魚貝を使用してもOK!
●みそベースの石狩鍋ですが、しょうゆを少し入れるとさらに食べやすくなります。
●スープは少し多めに作れる分量になっているので鍋の容量によって多いようであれば別皿に取っておいて食べている途中や〆の時にたしてください。

#アサヒコ #アサヒコタイアップ #絹ごし豆腐 #昔あげ
  1. やわらか鍋豆腐は水を切り、8等分に切る。昔あげは4等分に切る。サーモンは皮と骨を取り除き、粗みじん切りにする。たこ、ベビーホタテも粗みじん切りにする。水菜はざく切りにし、皮をむいたにんじんは短冊切りにする。長ねぎは5cm幅の筒切りにし、表面に浅く切り込みを入れる。しめじは石づきを切り落とし、粗くほぐす。
  2. ボウルに、サーモン、たこ、ベビーホタテ、A

    鶏ひき肉 250g、片栗粉 大さじ2、酒 小さじ2

    を入れる。よくこねたら直径5cmほどに丸める。
  3. 鍋にB

    水 700ml、みそ 100g、しょうゆ 小さじ1

    を入れ、ひと煮立ちさせる。1を加え、弱火で10分ほど煮る。
  4. 豆腐、昔あげ、にんじん、しめじをバランスよく入れ、フタをして3〜5分煮たら水菜を添える。
6 40

コメント・感想 Comment

このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

つくメモ

<つくメモって?>
あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

※つくメモは順次アプリのみのサービスに移行します。詳しくはこちら。

お気に入り度

レシピの関連キーワード Keywords

鍋料理 フライパン 土鍋 ホーロー鍋 たこ しめじ つみれ ほたて ごちそう にんじん サーモン ヘルシー おもてなし パーティー ボリューム 土鍋 大豆 お弁当 水菜 油揚げ 簡単 ひき肉 豆腐 野菜 高橋善郎

このレシピをサイトに埋め込む

関連コラム article

まずは3ヶ月無料でお試し!

※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

プレミアムサービスとは